原油先物は需給悪化で3%安、OPEC産油量も増加

新型コロナは収束せず、世界は再度悲観的に

米国時間の原油先物は3%下落した。世界的な新型コロナウイルスの感染拡大によって需要見通しが悪化したほか、石油輸出国機構(OPEC)の原油生産量が9月に増加したことも重しとなった。テキサス州ミッドランドで昨年2月撮影(2020年 ロイター/Nick Oxford)

[ニューヨーク 1日 ロイター] - 米国時間の原油先物は3%下落した。世界的な新型コロナウイルスの感染拡大によって需要見通しが悪化したほか、石油輸出国機構(OPEC)の原油生産量が9月に増加したことも重しとなった。

清算値は、北海ブレント先物<LCOc1>が1.37ドル(3.2%)安の1バレル=40.93ドル。一時39.92ドルまで値を下げた。米WTI原油先物<CLc1>は1.50ドル(3.7%)安の38.72ドル。一時6%超下落し、安値37.61ドルを付けた。

PVMオイルのアナリスト、タマス・バーガ氏は「新型コロナが封じ込められていないことが明らかになった。感染率が上昇しているほか、世界の死者数が100万人を超え、世界は再び悲観的になっている」と述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT