大河ドラマ入門 小谷野敦著

大河ドラマ入門 小谷野敦著

マニアを自負する著者が、NHK大河ドラマ48作品を徹底検証する。

「大河ドラマの原作」では、著者別原作採用数から始まり、原作との比較、オリジナル脚本の分析などを行っている。ちなみに著者のお気に入りは、市川森一脚本の『花の乱』(1994年)。

「大河ドラマのキャスティング」では、主役、脇役含めて各作品の配役を分析。「何であんなへちゃ顔が」と思っていた宮崎あおいにドキドキしてしまったという告白も。

「史実と大河ドラマ」では、時代考証の誤りなども検証しているが、大河ドラマは歴史を借りて現代人を語る「借景」だと述べ、その借景ぶりに文句を付けつつも楽しんでいる姿勢がほほえましい。

光文社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT