大河ドラマ入門 小谷野敦著

大河ドラマ入門 小谷野敦著

マニアを自負する著者が、NHK大河ドラマ48作品を徹底検証する。

「大河ドラマの原作」では、著者別原作採用数から始まり、原作との比較、オリジナル脚本の分析などを行っている。ちなみに著者のお気に入りは、市川森一脚本の『花の乱』(1994年)。

「大河ドラマのキャスティング」では、主役、脇役含めて各作品の配役を分析。「何であんなへちゃ顔が」と思っていた宮崎あおいにドキドキしてしまったという告白も。

「史実と大河ドラマ」では、時代考証の誤りなども検証しているが、大河ドラマは歴史を借りて現代人を語る「借景」だと述べ、その借景ぶりに文句を付けつつも楽しんでいる姿勢がほほえましい。

光文社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。