大河ドラマ入門 小谷野敦著

大河ドラマ入門 小谷野敦著

マニアを自負する著者が、NHK大河ドラマ48作品を徹底検証する。

「大河ドラマの原作」では、著者別原作採用数から始まり、原作との比較、オリジナル脚本の分析などを行っている。ちなみに著者のお気に入りは、市川森一脚本の『花の乱』(1994年)。

「大河ドラマのキャスティング」では、主役、脇役含めて各作品の配役を分析。「何であんなへちゃ顔が」と思っていた宮崎あおいにドキドキしてしまったという告白も。

「史実と大河ドラマ」では、時代考証の誤りなども検証しているが、大河ドラマは歴史を借りて現代人を語る「借景」だと述べ、その借景ぶりに文句を付けつつも楽しんでいる姿勢がほほえましい。

光文社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。