冷蔵庫の中で「食中毒菌」を増やす人のNGな行動 「ドアポケに卵」など落とし穴がいっぱい

拡大
縮小
【冷蔵庫NGアクション】
食中毒予防3原則は、食中毒菌を“つけない、増やさない、やっつける”こと。冷蔵庫では徹底した、つけない、増やさない対策が重要です!

NG1. 奥までぎっしり食材を入れている
さまざまな食材が雑多にギュッと詰め込まれていると、開閉の回数も増え、冷蔵庫を開けたまま食材を探す時間もかかる。また、背面に冷風口が設置されている(メーカーによる)ので、奥まで食材が詰まっていると、冷風がうまく循環せず庫内の温度が上昇し、菌が増える可能性が。
→OK! 食材は手前によせ、7割収納を心がけて

NG2. ドアポケットに卵を入れている
開閉することによっていちばん温度変化が高いドアポケット。温度変化により殻が結露した場合、殻の“気孔”がふさがり雑菌が増殖してしまうおそれが。さらに、振動によって卵の殻が割れてしまった場合、微量でも殻にサルモネラ菌が付着していたら、菌がヒビから内部に入り込み増殖してしまうことも。
→OK! ほかの食品と接触を避けて庫内に収納

NG3. 収納グッズを多用する
冷蔵庫が整理されて便利な収納グッズも、入れっぱなしになってしまうと食べかすや液だれが付着したままとなり菌が繁殖しやすい環境に。
→OK! 収納グッズをまるごと定期的に洗う癖をつけよう

NG4. 調味料の液だれ放置
ドアポケットや庫内の棚板にこびりついたままの液だれは、放置して時間がたつと、雑菌の温床に。ほかの食材に付着して菌を広げる原因にも。
→OK! 庫内は隅々まで清潔に!

NG5. カレーを鍋ごと保存する
カレーなど粘度の高い食べ物を大きい入れ物のまま冷蔵庫に入れると中心部が冷めにくい。その間、雑菌が増えやすくなってしまうばかりか、温かいままの鍋の場合は庫内の温度も上がってしまい、ほかの食材にも影響が。
→OK! 保存袋に移し流水などで冷やしたあと、なるべく平らになるよう保存を

菌を“増やさない”コツ

冷蔵庫内で菌を増やさない、広げないためには清潔に保つことと、7割収納が大前提だ。

そこで、きれいを持続する習慣を冷蔵庫収納の達人、東いづみさんに聞いた。

どこに何があるかパッと見ですぐにわかるよう、常に冷蔵庫内は整理整頓!が鉄則(写真:週刊女性PRIME)

冷蔵庫奥にはモノを入れないこと、定位置を決めることが、きれいで、なおかつ7割収納をかなえる秘訣だと思います。モノが重なると、死角が生まれ、入っていたことを忘れてしまったり、また取り出す時間もかかります。よく使うものは定位置を決めてしまえば買いすぎを防げますし、冷蔵庫の開閉時間も減らせます」(東さん)

また、掃除も面倒なカゴ類などの収納グッズは、やはり避けたほうがいいとのこと。

「とくに入れっぱなしは避けましょう。お惣菜や野菜を入れるタッパーなどは、食材を出したあとに、そのつど洗うので、清潔に使えます。冷蔵庫の中身が少ないと、サッとすぐにふきそうじができますから、清潔な状態がキープしやすくなります」(東さん)

次ページ細菌に打ち勝つ身体づくりも大切
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT