佐川急便、「コロナ危機」を生き抜く物流戦略

消費者向け直販チャネルにどう対応するか

2020年1月に竣工したSGグループの次世代型物流施設「Xフロンティア」(撮影:尾形文繁)
緊急事態宣言の発令に伴い、企業間物流の荷物量は減少し続ける一方、外出自粛による巣ごもり需要でEC(ネット通販)の荷物量は急増している。
コロナ禍で宅配便の成長が加速している中、大手宅配3社の中でSGホールディングスは唯一、期初時点から2021年3月期の業績を増収増益と予想。7月末には通期業績予想を上方修正し、前期比で15%を超える営業増益を見込んでいる。
アフターコロナ時代に日本の物流はどうなるのか。SGホールディングスの中核会社である佐川急便の本村正秀社長に聞いた。

顧客ニーズに合ったソリューションを

――新型コロナウイルスの感染拡大で、どのような影響が出ていますか。

航空便の減便で海外からモノが調達できない、あるいは一部遅延などの影響が出た。(企業向けの)BtoBは、緊急事態宣言が解除されれば荷物量も回復すると想定していたが、コロナ以前の水準にまで戻っていないのが現状だ。

他方、(個人向けの)BtoCの荷物に関してはコロナ禍を機に急増している。とくに小売業やアパレル関係の荷主は、「今までと同じ売り方では駄目だ」とECにシフトしようとする動きもある。

増加するBtoCに対応していくには、(顧客の玄関先まで届ける)ラストワンマイルのインフラをしっかりと整えなければいけない。外出自粛に伴って在宅率が上昇し、再配達は減っているが、緊急事態宣言の解除後は徐々に再配達も増えている。

国内の物流拠点を増やすのか、逆に集約させるのか、顧客も物流戦略を見直している段階にある。これから年末に向けてBtoB、BtoCの荷物量を見極めながら、われわれも備えなければならない。

次ページ顧客への提案専門チームを立ち上げ
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT