トヨタ、中国で生産能力の大幅増強を検討

独VWや米GMを追撃へ

4月21日、トヨタ自動車の大西弘致中国本部長は、中国で生産能力の大幅増強を検討していると明らかにした。北京自動車ショーで20日撮影(2014年 ロイター/Jason Lee)

[北京 21日 ロイター] -トヨタ自動車<7203.T>の大西弘致中国本部長は、中国で生産能力の大幅増強を検討していると明らかにした。

トヨタは中国販売台数を200万台に倍増させることを目指しており、大西氏は市場をリードする独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)と米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)に後れを取らないようにするために必要な「最低水準」だと指摘した。

大西氏は北京自動車ショーで記者団に対し、「欧米の自動車各社が積極展開しており、われわれの販売量は増えたが、市場シェアはこれまでの半分近くに低下した」と述べた。

トヨタの中国での年産能力は現在約100万台。トヨタは中国の第一汽車集団(FAWグループ)、広州汽車集団<2238.HK><601238.SS>と合弁事業を展開している。

大西氏は長春市や成都市といった中国内陸部にある既存施設で生産能力を拡大する可能性があるとの見方を示したが、コストは明らかにしなかった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。