ロケ場所探しから警官のご機嫌取りまで……低予算の映画をプロデュース、撮影現場ドキュメント《ハリウッド・フィルムスクール研修記11》

去る12月2~9日にかけて、2年間の大学院生活の一つのクライマックスとなる、卒業製作の撮影を行いました。

連載の7回目で、アカデミー短編賞の有力候補にもなっている『八人目の侍』を例に、準備の過程や完成後のキャリアに与える影響について触れました(→詳細)が、今回は私自身の作品を元に、実際の撮影の様子をご紹介したいと思います。

撮影1日目

 私がプロデュースした作品『SAVED YOUR LIFE』は、きまじめに生きてきた女の子がフィアンセを救うため、人殺しにならなくてはならないシチュエーションを面白おかしく描くダークコメディで、20分ほどの長さになる予定です。

初日の撮影は、夕方4時から翌朝5時までの徹夜の撮影です。この日は主人公の女性が売春宿の経営者の命を奪おうとするシーンを撮影しました。


人気ドラマ「CSI」にも出演している、売春宿の経営者役の俳優

ここではピストル発砲のシーンがあり、公共の場では監視のため警察を雇わなくてはならないため、節約のためもあり撮影場所は学校内の駐車場を売春宿風にデコレーションしました。

また、ロサンゼルスで夜10時以降に撮影をする場合は通常、半径150メートル圏内の居住者を一軒一軒訪ねて回り、撮影許可のサインをもらわなくてはなりません。当然、留守の場合もありますので、最低3回は訪問して、訪問履歴も含めて役所に提出する必要があります。学校内で撮影する場合は、こうした手間も省くことが可能です。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 就職四季報プラスワン
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。