政府が約束「マスク月6億枚確保」本当の行き先

なぜ私たちの手元に届かないのか?

そもそも、「月6億枚」という数字に過度の期待をしてしまった感がある。実はコロナ以前の需要も「平均で月約3.6億枚」(前出のマスク班)と、そこそこあり、現在のマスク着用率をみると6億枚程度では足りなくなるのも当然だ。

消毒液にトイレットペーパーは?

同じく品薄の手指アルコール消毒剤はどうか。

厚労省は2月の生産量について、約170万リットル(1日当たり約2800万プッシュ分)で、昨年月平均の1.8倍の増産と公表している。

「手ピカジェル」などで国内トップシェア(約5割)を誇る「健栄製薬」(大阪市)は、

休日返上で例年の3倍にあたる1日約10万本をフル生産中です。品薄解消のメドは明言できませんが、一般のお客さまから『購入できない』という声のほか、『使い方』を尋ねる内容も交じるようになってきました。現在、長期化を見据えてさらなる設備増強を検討中です」(広報)

一方、デマが原因で買いだめが発生したトイレットペーパーについて、メーカー団体の『日本家庭紙工業会』は「首都圏の一部を除き、品薄は解消しつつある」と明かす。

「メーカーには十分在庫があり、問題は小売店に納品する卸業者の配送能力。かねて運転手不足に悩まされており、簡単に配送回数を増やせない。商品がかさばるため1度に納品できる数量も限られる。しかし、全国的に何らかの商品は陳列できている店舗がほとんどになった」

と担当者。

首都圏の駅前にあるような狭い店舗はバックヤードが限られ、店頭に8パックしか並べられないため「9人目からのお客さんが買えなくなりやすい」(同)という。

ちなみに関東は柔らかい肌触りの「ダブル」が好まれ、関西はコストのいい「シングル」が人気とか。小池百合子都知事の外出自粛要請で再び品切れを招いたが、今度こそ冷静になって待ちたい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 溺愛されるのにはワケがある
  • iPhoneの裏技
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。