女性限定「GIRL'S TALK」ヒットの裏側

プロデューサーが明かす、ディープな会話の中身とは

ほかにも、「自分に有利になるように男の前でウソ泣きをしたことがある」が49.8%。「ウソ泣きがバレたことがある」が12.9%。「ウソ泣きは卑怯だと思う」が52.0%なんていうものもある。これも、面と向かって女性には聞けない、もしくは正直には答えてくれそうにない話題だろう。

また、「旦那の年収」も人気のトピック。女性たちは掲示板で旦那の年収をさらして、「うちの旦那は年収が●●●万円しかないから、ほかの人がうらやましい」「うちの旦那は月収●●万円しかもらっていないくせに、おカネのかかる趣味を辞めてくれない」「私の友達の旦那は年収3000万円で、この行動が許せない」など、愚痴をこぼしては、女性の間でもヒエラルキーを形成しているそうだ。

「現実世界だとお互い顔も知っていますから、“見下されるんじゃないか”と見栄を張ったりすることがあります。ですが、匿名ということでリアルに本音を吐き出してもいいという“救い”の場にもなっているのかもしれません」(原さん)。

「健全な背徳感」で成長に加速を

GIRL'S TALKは現在、人を集める集客のフェーズであり、収益化はもう少し先になる。サービスを集客エンジンとしてさらに成長させる策として、原さんが考えているのは「健全な背徳感」を作り出すことだという。

「これまではコソコソ隠れて使うサービスのように思われていたが、これからは“みんな口にはしないけど、もちろん使っているよね”と思われるサービスにしていきたい」と話す。身近なものに例えるならば、「社員証」のような存在にしたいそうだ。

そのために、ウェブサイトのデザインをこれまでの黒基調から、白を基調としたものに今月変えた。のぞき見るような暗いイメージではなく、エッジは残しつつも、女性の役に立つ社会性のあるイメージにしていきたいからだという。男性としては、ますますその中身が気になる存在になりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT