イタリア、先進国なのに「医療崩壊」寸前な理由

普通の病院が「トリアージ」病棟になっている

その写真を撮った同僚のフランセスカ・マンチャトーダは11日にイタリアのテレビ番組で、ウイルスの感染拡大を防ぐため、みな自分の身を守るようにと話した。「そうしなければ、医療は崩壊してしまう。まだ崩壊していなければの話だが」。

ベルガモにあるパパ・ジョバンニ(聖ヨハネ)23世病院の呼吸器科の責任者であるファビアノ・ディ・マルコは、もうオフィスで寝るのにも慣れてしまった。彼は3月12日に、医師たちは文字どおり「病院の汚染されている区域とそうでない区域を分けるため、地面に線を引いている」と話した。汚染されている区域では、手に触れるものすべてが感染源だと考えられている。

患者間を比較して評価することも起こりうる

ベルガモの首長であるジョルジョ・ゴリによると、ロンバルディア州では時に、大勢の患者の流入に医療資源が追いつかず、「非常に高齢の患者には気管挿管をしないという決断を、医師がせざるをえない」という状況に追い込まれることがあるという。手当てを受けられなかった患者は、死を待つしかない。「もっと集中治療室があったら、もっと多くの命が助けられるのに」とゴリは言う。

ディ・マルコはゴリの発言に異議を唱え、全員が治療を受けていると言った。それでも、こう付け加えた。「現在のところは、一部のケースではあるが、患者間で比較をして評価するということが起こりうる」。

3月12日には、「イタリア麻酔・鎮痛・蘇生および集中治療協会」代表のフラビア・ペトリーニが、同協会がガイドラインを発行したと述べた。戦時下の「壊滅的な状態での医療」に近い状況が生じたときに、何をすべきかを示したものだ。

ガイドラインには、「医療資源が大幅に不足したときには、(集中治療は)それが成功する可能性が最も高い人や、生存する望みが最も大きい人」に優先して提供されるべきだと書かれている。

次ページ展示会場を集中治療病棟に転用も
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT