年4回海外出張のママが子育てを乗り切るコツ

「なんでも自分でやる」ことの見直しが必要だ

子どもをもってから転職して、家族や職場の人との関わり方で工夫している点を紹介していきます(イラスト:かんべみのり) 
子どもをもってからの転職・独立、みんなどうしてる? がむしゃらキャリア女子が出産を機に方向転換した例をご紹介。和美さんの海外出張ノウハウは必見!

「なんでも自分でやる」主義からの脱出

子どもが6カ月のとき、今の会社に転職しました。子どもをもったことで、仕事や職場を選ぶ基準が変わっただけでなく、何においても「完璧主義」だった私の性格も変わっていったのは、大きな発見でした。

PROFILE
和美さん・42歳・東京都港区在住
外資系メーカー勤務
娘(3歳)

仕事もプライベートも、自分のことは自分で、それもきっちりとやらないと気が済まなかった私でしたが、子育てをしながらとなると、そうはいきません。周囲の人たちに「頼る」ようになったのです。ただ、その準備にはできるかぎりの手を打っておくのが、やっぱり完璧主義の私らしいんですけど(笑)。

当記事は、Domani(ドマーニ)公式ウェブサイトの提供記事です

いちばん多いのは、子どもが熱を出したときですが、そのときのためにいつでも頼れる病児保育のできるサービスに登録しておきました。そのほか、頼る先は必ず複数確保しておく。私は、母や姉との連絡は密にとり、相手の家の状況もいつも把握しておくようにしています。夫のスケジュールもマメに情報交換し、ピンチのときは頼むこともあります。

そして、これは私の主義なのですが、どうしても「私でなきゃダメ」というとき以外は、子どもを理由に仕事を休みません。子どもの様子が気になるから少し早めに帰るとか、アポイントをズラすとか、それが頻繁にあっては自分の信用に関わります。

これは、「子どもにとって本当に大事なとき」にすぐに帰ってあげられるための、準備の1つとも言えるかもしれません。

次ページ転職して4カ月目に初めての海外出張
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT