年4回海外出張のママが子育てを乗り切るコツ 「なんでも自分でやる」ことの見直しが必要だ

印刷
A
A
子どもをもってから転職して、家族や職場の人との関わり方で工夫している点を紹介していきます(イラスト:かんべみのり) 
子どもをもってからの転職・独立、みんなどうしてる? がむしゃらキャリア女子が出産を機に方向転換した例をご紹介。和美さんの海外出張ノウハウは必見!

「なんでも自分でやる」主義からの脱出

子どもが6カ月のとき、今の会社に転職しました。子どもをもったことで、仕事や職場を選ぶ基準が変わっただけでなく、何においても「完璧主義」だった私の性格も変わっていったのは、大きな発見でした。

PROFILE
和美さん・42歳・東京都港区在住
外資系メーカー勤務
娘(3歳)

仕事もプライベートも、自分のことは自分で、それもきっちりとやらないと気が済まなかった私でしたが、子育てをしながらとなると、そうはいきません。周囲の人たちに「頼る」ようになったのです。ただ、その準備にはできるかぎりの手を打っておくのが、やっぱり完璧主義の私らしいんですけど(笑)。

当記事は、Domani(ドマーニ)公式ウェブサイトの提供記事です

いちばん多いのは、子どもが熱を出したときですが、そのときのためにいつでも頼れる病児保育のできるサービスに登録しておきました。そのほか、頼る先は必ず複数確保しておく。私は、母や姉との連絡は密にとり、相手の家の状況もいつも把握しておくようにしています。夫のスケジュールもマメに情報交換し、ピンチのときは頼むこともあります。

そして、これは私の主義なのですが、どうしても「私でなきゃダメ」というとき以外は、子どもを理由に仕事を休みません。子どもの様子が気になるから少し早めに帰るとか、アポイントをズラすとか、それが頻繁にあっては自分の信用に関わります。

これは、「子どもにとって本当に大事なとき」にすぐに帰ってあげられるための、準備の1つとも言えるかもしれません。

次ページ転職して4カ月目に初めての海外出張
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT