世界中どこでも「同じユニクロ」を目指す

柳井正・ファーストリテイリング会長兼社長に聞く

この業界の悪いところは、儲かるとわかると次々と商品を変えていく。毎シーズンの積み重ねがない。だから、シーズンを積み重ねてファンをつくっていけるような商売が、いちばんいいと思っています。

それに、この業界は顧客層を限定したがる。たとえば20代のカジュアルシーンで着る服とかね。これもよくない。売るほうの傲慢だと思います。選んで着るのはお客様なんだから、お客様に受け入れられる服を作るべきだ。お客様の生活に本当に必要かどうかを、もっと考えないといけないのではないでしょうか。

ユニクロはあらゆる人がよいカジュアルを着られるようにする、新しい日本の企業です。

「あなたの生活をこういうふうに変えられますよ」

――柳井社長は、ライバルのGAPを第1世代(単品のSPA=製造小売業)、H&Mを第2世代(ファッショントレンドのSPA)、ユニクロを第3世代と呼んでいます。

服にはいろんな要素があります。第3世代というのは、単純にファッションということではなしに、生活のインフラとして「あなたの生活をこういうふうに変えられますよ」ということを伝えて、売っていくスタイルを意味します。

次ページヒートテックは冬の生活を変えた
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
官僚の掟<br>忖度エリートのカネと出世

不人気、不遇、不祥事で没落するエリートたちの悲哀。次々に発覚する官僚たちの過ち。採用応募者は年々減少し、東大生の官僚離れが顕著に。それでも官僚はおいしい仕事なのか?