化学物質汚染列島 奇形タンポポの警告 玉川徹著

化学物質汚染列島 奇形タンポポの警告 玉川徹著

本書は、化学物質が人体にどのような影響を与えるのかを、奇形植物を通して迫っていくドキュメントである。

帯状に平たく曲がりくねった茎、いくつかの花が融合して歪んだ花をつけた奇形タンポポ。自然界での発生頻度が10万分の1といわれるこうした奇形植物が、ある家の庭で大量に発見されたことから、テレビディレクターである著者は自身の番組で調査を開始。すると、その家の住人が「化学物質過敏症」で家に住めなくなっており、庭の土中から原因と疑われる物質が判明する。しかし、その物質は法律で定められた土壌汚染物質には含まれていな
かった。

私たちの日常が、いかに化学物質の脅威にさらされているのかを暴露する。

講談社+α新書 880円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。