化学物質汚染列島 奇形タンポポの警告 玉川徹著

化学物質汚染列島 奇形タンポポの警告 玉川徹著

本書は、化学物質が人体にどのような影響を与えるのかを、奇形植物を通して迫っていくドキュメントである。

帯状に平たく曲がりくねった茎、いくつかの花が融合して歪んだ花をつけた奇形タンポポ。自然界での発生頻度が10万分の1といわれるこうした奇形植物が、ある家の庭で大量に発見されたことから、テレビディレクターである著者は自身の番組で調査を開始。すると、その家の住人が「化学物質過敏症」で家に住めなくなっており、庭の土中から原因と疑われる物質が判明する。しかし、その物質は法律で定められた土壌汚染物質には含まれていな
かった。

私たちの日常が、いかに化学物質の脅威にさらされているのかを暴露する。

講談社+α新書 880円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。