日本のスポーツで「ハーフ選手」が急増する理由

来年の東京五輪でも多くの選手が活躍する

それにより、日本代表には登録メンバー31人中、16人の海外出身選手が含まれていた(うち9人は日本国籍を保有)。彼らは日本に不足していたサイズ(体の大きさ)やパワーを補った。彼らが日本の躍進に不可欠な役割を果たしたことは間違いないだろう。

もちろん、サッカーの場合は、Jリーグでプレーしているからといって、外国人選手を日本代表に加えることなどできない。だが、それができなくとも、従来の日本人の長所を保ちつつ、フィジカルでも海外勢に負けない。そんな優位性を作ってくれるのが、ハーフの選手なのではないだろうか。

だからこそ、彼らは特別な存在として注目を集める。

U-17日本代表で右サイドバックとして活躍した畑大雅(父がナイジェリア出身)にしても、走力に長け、スピードを生かした攻撃参加を得意とする。まだまだ粗削りな部分はあるが、だからこそ、森山監督も畑をレギュラーで起用した。

人種のるつぼのような欧米諸国と比べると、日本でハーフがいかに増えているとはいえ、その存在自体がまだまだ目立つ。だが、畑は「注目されるのは、素直にうれしい」と言い、こう続ける。

「みんなとは違うという部分で、小さいころはいろいろありましたけど、結果として、お父さんとかのおかげでここまで来られていると思うんで。そういうところは、マイナスというよりプラスに捉えてやれているのかなと思います」

スポーツ界にどんな変化が起きるのか

スポーツ界も、所詮は一般社会の縮図でしかない。時代の変化とともに、日本代表もその顔ぶれを変えていくのだろう。

ハーフのアスリートの活躍は今後、さらに顕著になる可能性が十分にあるし、日本が労働力の減少を補うため、移民を積極的に受け入れるようになれば、当然、その影響はスポーツ界にも波及するはずだ。

近い将来、ハーフどころか、両親がともに外国出身という日本代表選手も増えてくるのかもしれない。彼らがフィジカル的なアドバンテージを持っているとすれば、なおさらだ。

だが、それもまた日本を代表して世界と戦う選手であり、チームである。ラグビーの日本代表がそうであったように、その変化を受け入れ、応援できる世の中であってほしいものである。

(文中一部敬称略)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。