『マイホームを購入したら左遷?』(営業職30歳)

城繁幸の非エリートキャリア相談

『マイホームを購入したら左遷?』(営業職30歳)

終身雇用の崩壊、成果主義の導入などにより、日本人の「働き方」は激変。その結果、自身のキャリアに迷えるビジネスパーソンは増えていくばかりだ。これまでの古い「昭和的価値観」から抜けだし、新たな「平成的価値観」を身に付けるためにどうすればいいのか。日本の人事制度を知り尽くした城繁幸氏が、あなたの悩みにお答えします。

CASE:2

『マイホームを購入したら左遷?』(営業職30歳)

<相談者の悩み>

 うちの会社には妙な“いいつたえ”があります。

 「マイホームを買ったら、転勤になる」

 都市伝説ならぬ社内伝説のようなものだと笑っていましたが、つい先日、実際に職場の先輩が、マイホームを買った直後に地方に転勤になったのを見て、あながち噂というわけでもないなと思ってしまいました。

 私自身も今は賃貸ですが、将来的には持ち家が欲しいと思っています。ただ、転勤させられるのなら買うだけ損な気もしますし、転勤の可能性が無いのなら、ずっと賃貸でもいいかなと思う今日この頃です。
 
 実際にこういう判断基準のようなものは存在するのでしょうか?

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。