『マイホームを購入したら左遷?』(営業職30歳)

城繁幸の非エリートキャリア相談

『マイホームを購入したら左遷?』(営業職30歳)

終身雇用の崩壊、成果主義の導入などにより、日本人の「働き方」は激変。その結果、自身のキャリアに迷えるビジネスパーソンは増えていくばかりだ。これまでの古い「昭和的価値観」から抜けだし、新たな「平成的価値観」を身に付けるためにどうすればいいのか。日本の人事制度を知り尽くした城繁幸氏が、あなたの悩みにお答えします。

CASE:2

『マイホームを購入したら左遷?』(営業職30歳)

<相談者の悩み>

 うちの会社には妙な“いいつたえ”があります。

 「マイホームを買ったら、転勤になる」

 都市伝説ならぬ社内伝説のようなものだと笑っていましたが、つい先日、実際に職場の先輩が、マイホームを買った直後に地方に転勤になったのを見て、あながち噂というわけでもないなと思ってしまいました。

 私自身も今は賃貸ですが、将来的には持ち家が欲しいと思っています。ただ、転勤させられるのなら買うだけ損な気もしますし、転勤の可能性が無いのなら、ずっと賃貸でもいいかなと思う今日この頃です。
 
 実際にこういう判断基準のようなものは存在するのでしょうか?

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT