アマゾンの制裁で会社を潰しかけた36歳の告白

月500万円の売上がアカウント停止後に凍結

2019年3月にはこんな投稿もある。

件名:出品資格の停止処分~とうとう、アカウント閉鎖です
フォーラムをご覧いただいている出品者様方。多数のご意見・ご指摘を賜り誠にありがとうございました。万策尽き、アカウント閉鎖の通達がきました。何度も申し上げますが、当方誓ってコピー商品をお客様に売りつけた事などございません。きっかけはお客様からの『コピー商品なのでは?』の指摘からで、(アマゾンが送ってきた)文面から察するにおそらくはほんの気まぐれ程度の発言だったのかとは思いますが、商品の偽造に関する連絡を重視するAmazonの企業理念に反すると思われたのか度重なる改善案の提出~入手経路の証明に尽力してきたにもかかわらず、このような結果になってしまったことは誠に無念です。無実の罪を着せられ、そのまま死刑判決を受けるような気分です。

アカウント閉鎖を判断するのは“全知全能の神”であるアカウントスペシャリストであり、個人名はない。連絡する電話番号もない。永井が私に見せてくれた長々とつづくメールのやり取りを読んでも、こうした状況を打開するのは、ほとんど不可能にみえた。

裏技を使って再出店を計るも…

永井の会社は、それまでのアマゾンでの月間の売り上げが、400万円から500万円あった。アカウント閉鎖でこの売り上げが凍結され、アマゾンからの入金の流れが途絶えた。これから売るべき商品の在庫も抱えていた。従業員の給与も払わなければならない。

もう1度、出品者のアカウントを作ろうと思っても、同じIPアドレスからでは、新規のアカウントは開けない。アマゾンの出品者仲間の1人が、デスクトップクラウド(仮想デスクトップ)を経由すれば、新しいアカウントが作れるという裏技を教えてくれた。

経営者の名前も住所、屋号も変え、新しいアカウントを作り、それまでの商品を再度、出品する。8月中旬のことだった。しかし、商品レビューはゼロ、ショップへのフィードバックもゼロの状態では、同じ商品を出品しても売れなかった。

次ページレビューは出品者にとって貴重な財産
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。