『正社員とは名ばかりで・・・』(28歳男性)

城繁幸の非エリートキャリア相談

『正社員とは名ばかりで・・・』(28歳男性)

終身雇用の崩壊、成果主義の導入などにより、日本人の「働き方」は激変。その結果、自身のキャリアに迷えるビジネスパーソンは増えていくばかりだ。これまでの古い「昭和的価値観」から抜けだし、新たな「平成的価値観」を身に付けるためにどうすればいいのか。日本の人事制度を知り尽くした城繁幸氏が、あなたの悩みにお答えします。

CASE:4

『正社員とは名ばかりで・・・』(28歳男性)

<相談者の悩み>

 28歳の独身男性SE(システムエンジニア)です。一応上場しているシステム会社に正社員として5年間勤務してきましたが、最近今の業務に疑問を抱くようになりました。というのも、正社員とはいえ、実際のところは請負に近く、プロジェクト単位で狩り出されては顧客の顧客先に常駐する日々。一番偉いのが常駐先の顧客とすれば、一番底辺の下っ端なんです。

 そんなポジションですから、当然担当業務も上から降ってくる単純作業ばかり。そういう仕事は何年やっても、なかなか次のキャリアにはつながりにくいように思います。

 さらに不安なのが、(自分の)会社の状況です。はっきりいって、職場に40代の人間がマネージャー以外1人もいません。今後のキャリアプランがまったく見えない状況の中、転職するなら20代のうちかな、と思うのですが、両親は「せっかく入社した会社を辞めるなんてもったいない」と大反対です。優柔不断な私に踏ん切りをつけさせてください!

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT