今年は2000億円突破?スマホ広告の現在地

スマホ広告国内最大手のトップに聞く

――今年のスマホ広告市場の見通しは?

2304億円まで伸びると予測しています。1年前の時点では2000億円台の到達は2016年と想定していましたが、2年早まりそうです。

広告主のスマホ対応がより一層進むことが予想されます。特にスマホゲーム市場の伸びが尋常ではありません。海外のゲーム会社、たとえばスーパーセルなどが日本市場にかなり注力していて、その流れが今後も続きそうです。スマホ広告の半分弱ぐらいがゲーム広告です。

スマホの特性を生かす

――それ以外では、どんなトレンドが?

スマホの画面領域を生かした全画面のインタースティシャル広告(ページ遷移の間に出る広告)に注目して、出稿する広告主(クライアント)は増えています。また、スマホ広告市場で最も大きいのが、検索に連動するリスティング広告(検索連動型広告)です。2013年のリスティング広告市場は854億円と、前年から7割近く伸びました。

リスティング広告は、検索するキーワードと場所や時間などを連動した広告を表示できます。スマホは、ユーザーが寝る直前にも見ていますよね。そこにもアプローチできます。また、大手事業者により広告配信プラットフォームの大幅な仕様変更が行われ、広告主はPCやスマホなど複数のデバイスに対して、一括で広告配信をできるようになりました。これで需要が促進された面があります。

市場規模はリスティング広告に及びませんが、2013年に652億円と前年比で2.7倍に拡大したのがディスプレイ広告です。国内外のゲームや大手小売・飲食チェーンなどのO2Oのプロモーション需要が旺盛で、これらの広告主の特性に合わせた需要に対応する、新たな広告商品の提供が進みました。ソーシャルメディアのバナーやタイアップ広告、動画広告の需要も急増しています。

――スマホで動画広告は有望でしょうか。

動画は少しずつ出てきています。大手メディアも開発しています。景況感もよくなってきて、出稿意欲が出てきて、二の次、三の次だった会社が試したいというのが増えてきています。

やまうち・たかひろ●1983年生まれ。2006年サイバーエージェント入社。 行動ターゲティング事業のマイクロアドなど、複数の子会社立ち上げを経験。 09年CyberZを設立し、社長就任。 12年10月、29歳のときにサイバーエージェント取締役に最年少で就任。 現在、スマートフォン広告事業を管轄

――ガラケー広告は?

ガラケー広告は落ちていきます。正確な数字はないものの、広告市場の規模という点でいえば、すでにスマホ広告はガラケー広告を上回っています。

――CyberZは、スマホ広告市場が2016年に3000億円を突破するという予測を立てていますね。

スマホの普及台数の拡大とともに、デジタルコンテンツやeコマース市場の成長に沿って、今後も中期的に高い成長率を維持すると予想しています。

新しい技術を活用した、より精度の高いターゲティング手法の普及や、動画広告市場の拡大をはじめとして、市場の活性化につながる従来にない広告商品の登場などがあれば、現時点の予想を上回る可能性もあります。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT