テレビと小泉進次郎の関係に起きた大きな変化

結婚や大臣就任、視聴者の見方は少しさめた?

2019年9月、環境相に就任した小泉進次郎氏。テレビなどの報道では彼をめぐり、「変化」が起きているという(撮影:武政秀明)

小泉進次郎氏が“鳴り物入り”で環境大臣に就任して4週間。8月に滝川クリステルさんとの電撃的な結婚を発表したこともあり、当初はテレビのニュース・情報番組も「進次郎大臣誕生!」を大きく取り上げた。

しかし就任後は、その空気も変化している。

まず福島第一原発の汚染水処理をめぐる発言で物議を醸した。さらに国連気候行動サミットの会見で「この問題(気候変動)の解決策をクールに、ハッピーに、セクシーに見出していくこと。若い世代はどうしたらクールに楽しく解決するのか知っていると思います」と発言したことが、ちょっとした「炎上」になった。

この「セクシー発言」は、実は一緒に登壇した女性(前事務局長)が会見前の会合で、

「気象変動に取り組むのは、セクシーなことでもあるわ」と発言したことを受けてのものだったのだが、国内では面白おかしく取り上げられてしまった感がある。

これら一連の「進次郎ネタ」、従来ならば情報番組などはそろって大きく取り上げていた。しかし、最近は傾向が変わってきている。

「進次郎ネタ」はなぜ注目度が下がったのか?

台風15号の被害やラグビー日本代表の活躍など、「ほかの大きなニュース」が続いたこともある。しかしニュースの「2番目」「3番目」ですら取り扱われなくなってきているのだ。

情報番組で扱いが“後回し”になったのはなぜか。

その理由は、「小泉進次郎」というネタで“数字が取れなくなってきた”からである。

この数年、進次郎氏といえば「選挙の顔」として総選挙・参院選などで全国を応援演説で駆け回っていた。父親譲りの“演説力”で聴衆へのアピール力は抜群。とくに「中高年の女性」からの人気は凄まじいものがあった。

そこでは歯切れのよい演説や、握手攻めにあう進次郎氏の姿が映し出される。

次ページピクニック気分で演説を見に来る中高年女性
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。