「韓国の高速道路」は日本と何が異なるのか

実際に現地で運転して気づいたこととは?

京畿道の烏山(オサン)のサービスエリア(筆者撮影)

この夏、戦後最悪とも言われる日韓関係で揺れる中、世界遺産の調査のため韓国を訪れた。目的地が中部の地方都市や山間部だったため、ソウルでレンタカーを借りていくつもの高速道路を自分で運転する機会を得た。短い時間ではあったが、韓国の高速道路を実際に走った体験をお伝えしたい。

2020年までに6000kmの道路網構築を計画

韓国の面積は北海道より少し広い程度だが、現在国土の高速道路の総延長は4000kmを超えており、図でもわかるとおり国土の隅々までくまなく張り巡らされている。

韓国道路公社のホームページを見ると、2020年までに6000kmの道路網の構築を計画していること、それは国土のどこからでも30分以内に高速道路にアクセスできることを目指しているためだということが明記されている。

韓国の高速道路網(画像:韓国道路公社のホームページより引用)

今回の調査では、ソウル・金浦空港から水原、天安を経て中部の古都、忠清南道の扶余まで、また帰路は大田広域市からソウルまでを別のルートで戻った。その際に利用した道路の1つが、韓国の高速道路の象徴で、ソウルと第2の都市釜山を結ぶ京釜(キョンプ)高速道路である。日本でいえば東名・名神高速道路にあたる。

全長およそ420km、清州、大田、大邱、慶州など主要都市を通り半島の背骨を結ぶ道路で、1970年に全通しており間もなく50周年を迎える。東名高速道路の全通が1969年であることを考えると、ほぼ同じ時期に完成しており、韓国の経済発展を表す「漢江の奇跡」の象徴となる開通であった。

次ページサービスエリアの違いは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT