香港デモは「第2の天安門事件」を招くのか?

本当の山は「9月以降」に来るかもしれない

香港の人たちには申し訳ない気がするが、こちらは日曜ごとにデモではなく競馬場に通う平和な日々である。それくらい今年の夏競馬は好勝負が続いている。今週末は札幌競馬場で、キーンランドカップ(G3、25日11R、距離1200メートル)にいいメンツが集まった。例年、下位人気馬が活躍するレースだけに、少し穴っぽいところから狙ってみたい。

キーンランドカップは「先行逃げ切り馬」に期待

人気となっているのはダノンスマッシュで、18日のブラストワンピース(札幌記念の勝ち馬)に引き続き、川田将雅騎手がおいしいところをさらっていきそう。しかしちょっと待て。今春の高松宮記念(G1)でダノンスマッシュは4着だった。同レースで2着だったセイウンコウセイが出ているのに、こちらは人気薄ではないか。

たとえ6歳馬で斥量58キロであっても、実力を測る物差しとしてG1レースの結果ほど確かなものはない。しかも高松宮記念と同じ4番という絶好枠を引いた。ここはセイウンコウセイの先行逃げ切りに期待しよう。

穴馬には3歳馬のアスターペガサス。53キロと斥量で恵まれ、戸崎圭太騎手への乗り替わりもよさそう。さらに大穴には牝馬のデアレガーロ。京都牝馬ステークスでは人気のリナーテに勝っていることを忘れちゃいけない。

もう一点、ダイメイフジにはニュージーランドのリサ・オールプレス騎手が騎乗する。藤田菜七子騎手が私淑する同国ナンバーワンの女性ジョッキーだ。3年ぶりの訪日となるが、その騎乗ぶりもこのレースの見どころのひとつである。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。