価格は2420万円!究極の「GT-R」は何が違うのか

「GT-R NISMO」2020年モデルの乗り味は?

そんなGT-Rだが、前述のように登場から12年となれば、現行モデルは今後どうするのか、あるいはそろそろ次期型を……といった話は当然出てくる。未来は、見通せているのだろうか?

「自分が居続ける限りは、あれもやりたいこれもやりたいって言うんですが、一方で人生観として、いつどうなるかわからないという思いはあって。なのでつねにこれが最後だと考えて、2014年も2017年も、今回の2020年も仕上げています」(田村氏)

販売実績は決して悪くないGT-R

驚くべきことにニッサンGT-R、デビューからこれだけ経った今も、セールスは決して低調ではない。デビュー翌年がピークであることは事実だが、ここ5年ほどを見てもグローバル販売台数は平均して3000台近くに達しているのだ。もちろん価格帯などは異なるとは言え、ランボルギーニの年間販売が3モデル合計で約4500台と考えると、決して悪い数字ではないことが解るはずだ。

新型GT-R NISMOの後ろ姿(写真:日産自動車)

しかもこの2020年モデルのGT-R NISMO、すでに今年の分は完売状態だという。価格が発表される前から、すでに熱狂的なファンが列を成していたのである。

これだけのファンがいるGT-Rはすでに1つの“ブランド”。ニッサンは活用しなければ損というものだし、それはまたファンに対する義務と言ってもいいだろう。現行モデルはまだまだ最前線で戦える実力を備えているだけに、今後しばらくは十分に継続できるはず。あるいは一時噂のあったこのプラットフォームを使った高性能SUVというアイデアも、いまだ有効だろう。

個人的には、そうやって現行のハードウェアを当面フルに活用しつつ、その間にじっくりと時代の先を読んだまったく新しい姿のGT-Rの姿を示してくれたら……と、やはり思わずにはいられない。今、まさにどん底のニッサンがまた這い上がってきたときに象徴となるような1台。期待したっていいはずだ。ましてGT-R 50周年の今年である。「検討を始めました」という一文のリリースですら、熱狂を巻き起こせるに違いないと思うのだが……。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT