価格は2420万円!究極の「GT-R」は何が違うのか

「GT-R NISMO」2020年モデルの乗り味は?

それにしても、12年である。スーパースポーツカーは大抵、モデルチェンジのスパンが長めとなるものではあるが、GT-Rが例外的に長寿であることは間違いない。何しろ当時、仮想敵としたポルシェ911はすでに次の次の世代へと移り変わっているぐらいなのだから。

ただし、その間に開発責任者は代わり、GT-Rというクルマのあり方も変化している。現在の田村宏志氏は実は2001年の東京モーターショーで発表された今のGT-Rの姿を暗示した存在であるGT-Rコンセプトを企画した人物だ。

「進化はずっとさせていく」

2014年モデルより開発責任者の任につくと、GT-Rの「GT」すなわちグランツーリスモとしての面をベースモデルが、そして「R」すなわちレーシングの面をこのNISMOが担うという今の布陣が敷かれた。

新型GT-R NISMOの運転席(写真:日産自動車)

それまでは1台のモデルでGT領域もR領域もカバーしていたが、それを突き詰めるとGTカーとしてはスパルタンに過ぎ、速さを狙うには中途半端ということになりかねなかった。こうなったのは必然だったと言っていい。

その後、2017年モデルではベースモデルが大幅改良。GTとしての質を引き上げ、また同時に動力性能も引き上げて、決して軟弱になったわけではないということも示した。そして今回の2020年モデルでは、NISMOにより多くの力が割かれた形だ。

「進化はずっとさせようと思っています。2020年モデルで、という考えは薄っすらとはありましたが、何をやるとは決めていなくて、ブレーキは足かけ5~6年、新しいタービンは3年くらいと、いろいろなソリューションを温めておきながらお客様のリアクションを見て最終的に方向性を決心する形でした。

(ベースモデルとNISMO)の両方いっぺんにはできないですね。でも相互関係はしっかりあって、例えば今回カーボンセラミックブレーキでバネ下が軽くなって、結果として乗り心地もよくなった。それは今後、基準車にも応用させられるでしょう。基準車を進化させればNISMOもよくなるし、その逆もないと意味がないので」(田村氏)

次ページGT-Rの次期型はどうなるのか?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT