『37歳での転職は可能か?』(37歳・男性)

城繁幸の非エリートキャリア相談

処方箋:『報酬ではなく、業務内容で選ぶ転職』

 では打つ手は無いかというと、あるにはあります。(2)番目の選択肢、つまり、より小規模の企業で、報酬面でこだわらなければ、管理職かそれに準じる序列での転職も可能でしょう。まあつまり「ちょっとだけバーゲンしてあげる」わけです。

 そこでプロジェクトマネージャーとして実績を積めば、今度はマネージャーとして、より上位企業への転職の可能性も芽生えてくるわけです。要は経験した業務内容と企業規模、これのマトリックスで、人材市場における相場は決まると考えてもらって結構です。

 もちろん、上記のような流れにおいても、求められるハードルの高さは相応のものがあるでしょう。ひょっとすると、現在の会社に残って努力する方が、上位職への可能性は高いかもしれません(こればっかりは、お話を聞いただけではなんとも言えません)。

 ただ、ご指摘のように今後IT業界は、熾烈なコストカットと人材価値の流動化を迎えることは確実です。そうなった場合、ただ座して風に祈るよりは、自らの意志で歩いた人間の方が、きっと先へ進んでいることでしょう。

 安定を求めるか。それともより上位のやりがいを追求するか。私ではなく、あなた自身で決めてください。それこそが正解なのですから。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT