キウイのゼスプリ「アゲリシャスCM」人気のワケ

自己最高の好感度を記録した要因は何か

ゼスプリ キウイ TVCM2019#02「みんなでアゲリシャス」篇。今期、自己最高の4位にランクインした
あなたのお気に入りのCMは、何位にランクインしているだろうか?
CM総合研究所が毎月2回実施しているCM好感度調査は、東京キー5局でオンエアされたすべてのCMを対象として、関東在住の男女モニターが、好きなCM・印象に残ったCMをヒントなしに思い出して回答するものだ。
最新の2019年6月前期(2019年5月20日~2019年6月4日)調査結果から、作品別CM好感度ランキングTOP30を発表。その中から、CM総研が注目するCMをピックアップして、ヒットの理由に迫る。

期間中にオンエアされた全3171作品のうち、最も高いCM好感度を獲得したのはKDDI『au』で、「三太郎」シリーズの新たな展開を予感させるCMだ。“ヤバイ鬼”により傷だらけになった鬼ちゃん(菅田将暉)のために三太郎が出陣しようとすると、どこからか「いいね、鬼退治!」と女性の声が。辺りを見回す三太郎の隣で、3人の姫が灯籠の上にたたずむ小さな女性を見つけて「ママ!」と声を上げるというストーリーだ。

5位には続編となる新作もランクイン。声の主である親指姫(池田エライザ)が姿を現し、姫たちの親だと名乗る。さらには鬼の居場所を知っていると告げ、一緒に連れていくようアピールする。ラストカットでは「いいねぇ」と親指を立てる親指姫のアップにあわせて「おもしろいほうの未来へ。」という新ブランドスローガンも掲げられている。

同社は5月にKDDIおよびauのブランドスローガンの一新を発表しており、KDDIは「Tomorrow,Together」、auは「おもしろいほうの未来へ。」とそれぞれ改めた。新しい物語の始まりに乗せて、新プランの登場だけでなく“一緒に未来へ進む”というブランドの姿勢も表明した。

上位には人気CMシリーズの新作が並んだ

2位は日清食品『カップヌードル SiO』。2017年に『魔女の宅急便』や『アルプスの少女ハイジ』といった国民的人気作品を題材に、パラレルワールドとして現代の高校生となった登場人物の青春物語を描き大きな話題となった「HUNGRY DAYS」の新作だ。

今期は大人気漫画の『ONE PIECE』とコラボレーション。「もしも、ONE PIECEの登場人物が現代で高校生活を送っていたら」というコンセプトで、第1弾にはゾロが登場した。モニターからは「ワンピース好きには最高。いろいろなキャラクター版を観たい」「キャラクターの誰がどこにいるのか探すのが楽しい。早くルフィの顔が見たい」と続編を待ち望むコメントが多く寄せられ、早くも期待感が高まっている。

次ページ注目は4位にランクインしたゼスプリのCM
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 小幡績の視点
  • 就職四季報プラスワン
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。