ベンツ「Sクラス」のディーゼルは何が違うのか

乗って感じたディーゼルらしくない一面とは

高速域の伸びに影響を及ぼす最高出力は340psで、歴代メルセデスのディーゼルエンジンの中ではトップを誇るスペックなのだという。この新しいディーゼルエンジンを搭載した「S400d」はSクラスの中ではエントリーモデルに位置づけられているが、どうやらただ者ではなさそうなのである。このクルマを試乗した自動車ジャーナリストたちは、軒並み高い評価を口ずさむのだ。「百聞は一見にしかず」ということで、S400d 4MATICに試乗することになった。

さっそく運転席に座ってエンジンを始動すると、そこにはディーゼル特有のブルンとくる振動や騒音が耳に入ってくることは一切ない。エンジンルームとキャビンの遮音も行き届いているが、エンジンルームの外で耳を澄ましてみても、ガラガラという音が聞こえてこない。

発生した振動を遮音で封じ込めるのが一般的なディーゼルエンジン車の手法だが、S400dの場合、エンジンそのものが発生する振動が根本から低減されているのだと感じる。これまでさまざまなディーゼルモデルに試乗してきたが、ここまでやりきっているケースはまれだ。

身のこなしは恐ろしいほどスムーズ

期待感が高まったところで、一般道をそろそろと動き出してみる。アクセルはペダルを軽く踏み込み、低回転で走行している状態でも、回転フィールに粗さを感じさせるところがない。それよりも先に感動さえ覚えるのは、滑らかな感触を与えてくるステアフィール。クルマの身のこなしが手のひらに伝わるわずかな反力から緻密に感じ取ることができるもので、5.1mを超える全長、1.9mの全幅、2tの車重をものともせずに、イメージどおりに取り回していける。

特に、発進、巡航、減速、交差点の右左折など、身のこなしは恐ろしいほどスムーズで、エンジンルームに搭載されているパワーユニットがガソリンエンジンなのか、ディーゼルなのかということに意識はいかない。あくまでも、Sクラスとして乗員をもてなし、振る舞うことにすべての力を注いでいることが伝わってくる。

「技術は人のためにある」

そんなメッセージが今回のディーゼルモデルの走りの隅々から感じられる点で、改めてメルセデス・ベンツは、乗り手をもてなし、安心感を与え、優れたシャシーを堪能するために存在するブランドなのだと実感させられたのであった。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。