米USTR代表が北京入り、14日から通商交渉

3月1日までに米中両国の合意はあるのか

 2月12日、米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は北京に到着した。14日から通商交渉に臨む(2019年 ロイター/Jason Lee)

[北京 12日 ロイター] - 米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は12日、北京に到着した。14日から通商交渉に臨む。3月1日までに合意できなければ米政府は2000億ドル相当の中国製品への関税を10%から25%に引き上げる構えだ。

ライトハイザー氏は記者団の質問には答えずホテルに入った。

同氏とムニューシン財務長官は14─15日に中国の劉鶴副首相と会談する。北京の米大使館は13日のライトハイザー氏の予定を明らかにしていない。米中両政府は閣僚協議に先立ち、11日に次官級協議を行った。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。