米USTR代表が北京入り、14日から通商交渉

3月1日までに米中両国の合意はあるのか

 2月12日、米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は北京に到着した。14日から通商交渉に臨む(2019年 ロイター/Jason Lee)

[北京 12日 ロイター] - 米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は12日、北京に到着した。14日から通商交渉に臨む。3月1日までに合意できなければ米政府は2000億ドル相当の中国製品への関税を10%から25%に引き上げる構えだ。

ライトハイザー氏は記者団の質問には答えずホテルに入った。

同氏とムニューシン財務長官は14─15日に中国の劉鶴副首相と会談する。北京の米大使館は13日のライトハイザー氏の予定を明らかにしていない。米中両政府は閣僚協議に先立ち、11日に次官級協議を行った。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 内田衛の日々是投資
  • 「合法薬物依存」の深い闇
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。