米USTR代表が北京入り、14日から通商交渉

3月1日までに米中両国の合意はあるのか

 2月12日、米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は北京に到着した。14日から通商交渉に臨む(2019年 ロイター/Jason Lee)

[北京 12日 ロイター] - 米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は12日、北京に到着した。14日から通商交渉に臨む。3月1日までに合意できなければ米政府は2000億ドル相当の中国製品への関税を10%から25%に引き上げる構えだ。

ライトハイザー氏は記者団の質問には答えずホテルに入った。

同氏とムニューシン財務長官は14─15日に中国の劉鶴副首相と会談する。北京の米大使館は13日のライトハイザー氏の予定を明らかにしていない。米中両政府は閣僚協議に先立ち、11日に次官級協議を行った。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 30歳とお金のリアル
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
誤算に次ぐ誤算のブレグジット<br>日系企業への影響は?

英国議会はメイ首相とEUが合意した離脱協定案を否決。今後、離脱の延期をEUに求めるが、延期が実現しても問題はその後。離脱撤回からソフトブレグジットまで、いずれの道も長い困難が続く。対応を急ぐ日系大手企業への影響もまとめた。