アマゾン「売れているビジネス書」ランキング

発売前「予約受付中」の書籍が躍進

そろそろ「年末年始に読む1冊」を考える時期になりました(画像:Dp / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、12月2日~8日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

「予約受付中」の2冊が1位、2位に

今週(12月2日~8日)のランキングでは、『メモの魔力 The Magic of Memos』(前田裕二著、幻冬舎)が1位を獲得した。アマゾンによると、1オーダーで500冊買っている人が3人以上いたことが影響したという。

『メモの魔力』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2位には、『一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学』(cis著、KADOKAWA)がランクインした。特筆すべき要因はなく、毎日安定して注文が集まっているという。

以上の2冊は、まだ発売前の「予約受付中」。今後のさらなる伸びが期待される。

3位には、『日本が売られる』(堤未果著、幻冬舎)が入った。水道法改正のニュースが影響したのではないかという。

前週142位から一気に13位につけたのが、『世界一安全な株のカラ売り』(相場師朗著、ぱる出版)だ。こちらも予約受付中で、12月6日に注文が多く入ったが要因は不明だという。

次ページ以降、193位までの200冊ランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。