ダウ608ドル安、ナスダックは調整入り確認

半導体需要鈍化懸念や軟調な住宅販売を嫌気

 10月24日、米国株式市場は急落。2012年11月撮影(2018年 ロイター/Chip East)

[ニューヨーク 24日 ロイター] - 米国株式市場は急落。半導体メーカーのさえない業績見通しや軟調な住宅販売データを受け、経済や企業業績への懸念が強まった。ダウ平均株価は600ドル超値下がり。ハイテク株の多いナスダック総合も300ポイント超の大幅な下げを記録した。ダウとS&P総合500種は年初来でマイナスとなり、ナスダック総合は調整局面入りが確認された。

ナスダックは8月29日に付けた終値ベースでの高値から12.4%下落。前日比では4.4%安と1日の下落率としては2011年8月18日以来の大きさとなった。

ボヤ・インベストメント・マネジメントのマルチアセット戦略・ソリューション最高投資責任者(CIO)、ポール・ゼムスキー氏は「世界的なリスクオフトレードだ」と指摘。「金利上昇による住宅への影響や、関税による製造業の投入コスト増大など、いくつかの逆風があり、企業業績はさほど好調とは言えない。しかし、経済全般が悪化しているわけではない」と語った。

米商務省がこの日発表した9月の新築一戸建て住宅の販売戸数は、約2年ぶりの低水準を記録。住宅ローン金利と住宅価格の上昇が市場の重しとなっていることが示された。

また、 米連邦準備理事会(FRB)は24日に公表した地区連銀経済報告(ベージュブック)で、製造業者が関税を理由に値上げを行っていると指摘した。

投資家の不安心理の度合いを示すシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティー・インデックス(VIX指数)<.VIX>は4.52ポイント上昇して25.23と2月12日以来の高水準を付けた。

S&Pは6営業日続落した。

インデペンデント・アドバイザー・アライアンスのCIO、クリス・ザッカレリ氏は「売りが進むにつれ、パニックと警戒感が強まったようだ」と語った。

半導体大手のテキサス・インスツルメンツ(TI)<TXN.O>とSTマイクロエレクトロニクス<STM.PA><STM.N>は需要の鈍化を指摘。TIは8.5%急落し、フィラデルフィア半導体株指数<.SOX>を押し下げた。同指数は6.6%安と2014年10月以来の大幅な下げとなった。週内に決算を発表するインテル<INTC.O>は4.7%安。

このところ売り込まれていたS&Pテクノロジー株指数<.SPLRCT>はさらに4.4%下落した。

リフィニティブのI/B/E/Sデータによると、第3・四半期の米企業増益率予想は過去10日間に21.6%から22.4%に上向いたものの、第4・四半期についてはさえない見通しを受け20%から19.5%に低下した。

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を3.38対1の比率で上回った。ナスダックでも5.42対1で値下がり銘柄数が多かった。

S&P総合500種構成銘柄では、14銘柄が52週高値を更新、91銘柄が新安値を付けた。ナスダック総合構成銘柄では15銘柄が新高値を更新し、445銘柄が新安値を付けた。

米取引所の合算出来高は約96億株。直近20営業日の平均は80億株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 24583.42 -608.01 -2.41 25172.88 25306.23 24533.19 <.DJI>

前営業日終値 25191.43

ナスダック総合 7108.40 -329.14 -4.43 7423.21 7435.69 7099.00 <.IXIC>

前営業日終値 7437.54

S&P総合500種 2656.10 -84.59 -3.09 2737.87 2742.59 2651.89 <.SPX>

前営業日終値 2740.69

ダウ輸送株20種 9905.13 -331.89 -3.24 <.DJT>

ダウ公共株15種 753.65 +16.61 +2.25 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1146.41 -81.20 -6.61 <.SOX>

VIX指数 25.27 +4.56 +22.02 <.VIX>

S&P一般消費財 823.39 -28.18 -3.31 <.SPLRCD>

S&P素材 315.78 -10.27 -3.15 <.SPLRCM>

S&P工業 582.42 -20.68 -3.43 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 562.98 +2.77 +0.49 <.SPLRCS>

S&P金融 418.25 -11.57 -2.69 <.SPSY>

S&P不動産 197.54 +2.21 +1.13 <.SPLRCREC>

S&Pエネルギー 490.83 -19.34 -3.79 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 1010.21 -34.39 -3.29 <.SPXHC>

S&P通信サービス 146.26 -7.50 -4.88 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1178.97 -54.64 -4.43 <.SPLRCT>

S&P公益事業 279.97 +6.29 +2.30 <.SPLRCU>

NYSE出来高 11.30億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物12月限 ドル建て 21430 - 600 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物12月限 円建て 21405 - 625 大阪比 <0#NIY:>

 

(ロイターデータに基づく暫定値です。前日比が一致しない場合があります)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。