総務省が「5Gのアイデア」を一般公募するワケ

年20億円ある5G実証試験予算の枠組みを活用

われわれの生活が変わるであろう5Gの実証実験に向けて、総務省が一般からもアイデアを募集する(写真:Graphs / PIXTA)

10月2日、総務省は2020年に予定している第5世代携帯電話網(5G)の商用サービス立ち上げに向けて、「5G利活用アイデアコンテスト(https://5g-contest.jp)」を実施することを明らかにした。募集要項や応募フォーム、各種資料などを上記特設サイトで3日から公開する。

実証アイデアの例(画像:総務省資料より)

このコンテストの最大の特徴は、これまで参加の門戸が開かれていなかった個人の応募も対象としていること。個人といってもさまざまなレベルがあるが、“アイデア”さえあれば、年齢、所属、経験などは一切問われない。もちろん、地方自治体や各種団体、大学なども参加できる。

集まったアイデアは、総務省職員だけでなく、実験に参加している携帯電話事業者、地方金融機関、学校関係者なども加わって審査を行う。最終的に残ったアイデアには、予算を付けて実証実験までを行うという。

選ばれるアイデア数は「おおよそ5つ」

総務省は2017~2019年度に、年間あたり約20億円を上限とする5G実証試験の予算を計上している。これまでも、この予算を使って携帯電話事業者やビル建設業者、製造業者などが実証実験のプロジェクトを動かしてきた。

今回のコンテストはこの枠組みの2019年度予算を使って実施される。最終的に選ばれるアイデア数は決まっていないとのことだが「おおよそ5つぐらいになるのではないか」と総務省の小林史明政務官は説明した。

2017年度から始まった3年にわたる実証試験の最終年度に、いわばオープンイノベーションプログラムの形式で行うことに関し、小林政務官は「これまで採用してきた実証テーマは、サービス提供者の事業に添って設計されたプロダクトアウト型のテーマ設定だった。しかし実用サービス開始を翌年に控えた2019年は、利用者側の“こんな風に活用したい”というニーズを前提としたマーケットイン型の実証試験も必要だ」と話す。

言い換えれば、2017年から行ってきたような、5Gで事業環境が変化するだろう領域の企業が考える想定範囲内の実証試験テーマ以外を求める動きと言える。

次ページアイデアレベルの応募も可能
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。