日経平均は3日続伸、もう一段の上昇はあるか

米「対中関税第3弾」でも325円上昇はなぜ?

 9月18日、東京株式市場で日経平均は大幅に3日続伸。上げ幅は一時380円を超えた。トランプ米大統領が日本時間18日早朝、2000億ドル相当の中国製品に10%の関税を課すと発表した。写真は都内で昨年9月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 18日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は大幅に3日続伸。上げ幅は一時380円を超えた。トランプ米大統領が日本時間18日早朝、2000億ドル相当の中国製品に10%の関税を課すと発表した。だがショック安は回避され、朝方の売り一巡後はショートカバーで急騰する展開となった。東証全33業種が上昇。東証1部の値上がり銘柄数は8割を超えた。

TOPIXは1.8%高で取引を終了した。業種別では空運、鉄鋼が上昇率上位にランクイン。一方、米アップル<AAPL.O>の新型「iPhone(アイフォーン)」の予約状況を巡る懸念から電子部品株の一角が弱含み、電気機器の上昇率は0.58%と出遅れた。

岡三証券・日本株式戦略グループ長の小川佳紀氏は「日本株の上昇の一番の要因は売り方の買い戻しだろう。日経平均で2万3000円から2万4000円の価格帯は年初からの商いが少なく、ほぼ『真空地帯』。TOPIXが1800ポイントに向けて上昇を続ければ、さらなる地合い好転につながる」と話す。

大型株の上昇が顕著となったが、日経平均への寄与度の高いファーストリテイリング<9983.T>が年初来高値を更新後に下げ転換。ソフトバンクグループ<9984.T>は2%を超す下げとなった。

個別銘柄ではこのほか、TATERU<1435.T>がストップ高。従業員が顧客の預金残高データを改ざんして西京銀行に提出し、融資審査を通りやすくしていた問題で、14日に再発防止策を発表した。悪材料出尽くしを期待した買いが入った。

半面、スタートトゥデイ<3092.T>は軟調。民間宇宙開発会社スペースXのイーロン・マスクCEO(テスラ<TSLA.O>CEO)は17日、スタートトゥデイの前澤友作CEOが、「ビッグ・ファルコン・ロケット(BFR)」の初の搭乗者として月周回旅行の契約を結んだと発表した。株価はプラスに転じる場面があったが、買いは続かず軟化した。

東証1部の騰落数は、値上がり1780銘柄に対し、値下がりが271銘柄、変わらずが57銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値     23420.54 +325.87

寄り付き   23042.19

安値/高値  23039.26─23481.53

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1759.88+31.27

寄り付き     1725.88

安値/高値    1725.64─1762.80

 

東証出来高(万株) 158144

東証売買代金(億円) 29496.33

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。