「調査報告書は銀行主張をなぞっただけだ」

郷原信郎氏に聞く「みずほ銀行の問題点」

九州電力の第三者委員会・委員長や不二家の信頼回復対策会議長を務めるなど、コンプライアンス問題に詳しい郷原信郎氏に、みずほ銀行の問題を聞いた(本インタビューは週刊東洋経済11月9日号掲載の緊急ルポ「みずほ、終わらない危機」の一部です)

──複数の第三者委員会を経験した立場から、今回の報告書をどう見たか。

今回、(みずほ銀行が金融庁に業務改善計画書を提出する)10月28日という期限があり、そこに間に合わせることが大前提だった。だが、常識的に考えても、これだけの問題を20日間で調査するのはかなり厳しい。

報告書によると、コンプライアンス担当者の判断が甘く説明も不十分で、役員会で問題意識を持った議論が行われなかった。そして、システム障害もあって、問題認識が引き継がれなかったということで終わっている。当事者の当たり障りのない言い分をそのままなぞっただけ。独自に調査して明らかになった点が、あまりうかがえない。

次ページどのようなアプローチが考えられるか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。