セネガル代表のシセ監督、契約を1年延長

「シセ氏が続投しない理由が見当たらない」

 7月27日、サッカーの2018年W杯ロシア大会でセネガルを率いたアリウ・シセ氏が、代表監督としての契約を1年延長した。ロシアのエカテリンブルクで6月撮影(2018年 ロイター/Andrew Couldridge)

[ダカール 27日 ロイター] - サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会でセネガルを率いたアリウ・シセ氏(42)が、代表監督としての契約を1年延長した。

セネガル・サッカー連盟は26日、同代表のパフォーマンスを総括する会議を開催。Augustin Senghor会長は、シセ氏について「W杯出場という当初の目的を達成し、セネガルチームのレベルを大きく引き上げた」と評価した。

W杯ロシア大会でセネガルは1次リーグで日本と勝ち点、得失点差などで並び、大会史上初めて「フェアプレーポイントの差」によって敗退を喫した。

セネガル連盟会長は「シセ氏が続投しない理由が見当たらない」と述べ、2019年アフリカ・ネーションズカップで決勝進出という目標を掲げたことを明らかにした。

シセ氏は2015年3月に同国代表監督に就任。現役時代は2002年W杯日韓大会で代表主将を務め、準々決勝進出を果たした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT