セネガル代表のシセ監督、契約を1年延長

「シセ氏が続投しない理由が見当たらない」

 7月27日、サッカーの2018年W杯ロシア大会でセネガルを率いたアリウ・シセ氏が、代表監督としての契約を1年延長した。ロシアのエカテリンブルクで6月撮影(2018年 ロイター/Andrew Couldridge)

[ダカール 27日 ロイター] - サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会でセネガルを率いたアリウ・シセ氏(42)が、代表監督としての契約を1年延長した。

セネガル・サッカー連盟は26日、同代表のパフォーマンスを総括する会議を開催。Augustin Senghor会長は、シセ氏について「W杯出場という当初の目的を達成し、セネガルチームのレベルを大きく引き上げた」と評価した。

W杯ロシア大会でセネガルは1次リーグで日本と勝ち点、得失点差などで並び、大会史上初めて「フェアプレーポイントの差」によって敗退を喫した。

セネガル連盟会長は「シセ氏が続投しない理由が見当たらない」と述べ、2019年アフリカ・ネーションズカップで決勝進出という目標を掲げたことを明らかにした。

シセ氏は2015年3月に同国代表監督に就任。現役時代は2002年W杯日韓大会で代表主将を務め、準々決勝進出を果たした。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ザ・名門高校 校風、進学実績、人脈の大研究

復活の日比谷、すごいOBネットワークを持つ開成・灘…。名門と呼ばれるのには「ワケ」がある。歴史、校風、進学実績、そして人脈。北海道から沖縄まで全国の高校を徹底研究。