ソチ五輪銅のテンさん、市民葬に数千人参列

6月に25歳になったばかり

 7月21日、カザフスタンのアルマトイで、2日前に路上で暴漢に襲われて刺殺された2014年ソチ冬季五輪フィギュアスケート男子の銅メダリスト、デニス・テンさんの市民葬が行われた(2018年 ロイター/Shamil Zhumatov)

[アルマトイ 21日 ロイター] - カザフスタンのアルマトイでは21日、2日前に路上で暴漢に襲われて刺殺された2014年ソチ冬季五輪フィギュアスケート男子の銅メダリスト、デニス・テンさんの市民葬が行われ、数千人ものファンが参列。テンさんの死を悼んだ。

警察によると、テンさんは19日、車のミラーを盗もうとした2人の男と争いになり、刃物で刺されたもよう。容疑者2人の身柄が拘束されたという。テンさんは6月に25歳になったばかりだった。

葬儀に参列したファンは「救ってあげられなかった私たちを許してください」と書かれたバナーを掲げた。中には涙を流すファンもいた。

葬儀では「彼は素晴らしい人だった。カザフスタンの真の愛国者だった」とするナザルバエフ大統領からのメッセージが読み上げられた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT