フェイスブック、仮想通貨売り込み広告解禁

オプションとICO広告は認めず

6月26日、米フェイスブックは、仮想通貨の売り込み広告やその関連コンテンツの掲載を認めることを決めたと発表した。3日撮影(2018年 ロイター/Regis Duvignau)

[26日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>(FB)は26日、仮想通貨の売り込み広告やその関連コンテンツの掲載を認めることを決めたと発表した。仮想通貨のバイナリーオプションやイニシャル・コイン・オファリング(ICO)の広告は引き続き禁止する。

FBは1月、仮想通貨の販売宣伝がしばしば誤解を与えたり、詐欺的な手口で行われる事態を踏まえ、広告掲載を全面的に禁じていた。

プロダクト管理ディレクターのロブ・レザーン氏は「われわれは寄せられる意見に耳を傾け、現行方針がどの程度うまく機能するかを見極めるとともに、必要ならこの技術の研究を続けてそのうち方針を再修正することもあり得る」と語った。

関連記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。