フェイスブック、仮想通貨売り込み広告解禁

オプションとICO広告は認めず

6月26日、米フェイスブックは、仮想通貨の売り込み広告やその関連コンテンツの掲載を認めることを決めたと発表した。3日撮影(2018年 ロイター/Regis Duvignau)

[26日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>(FB)は26日、仮想通貨の売り込み広告やその関連コンテンツの掲載を認めることを決めたと発表した。仮想通貨のバイナリーオプションやイニシャル・コイン・オファリング(ICO)の広告は引き続き禁止する。

FBは1月、仮想通貨の販売宣伝がしばしば誤解を与えたり、詐欺的な手口で行われる事態を踏まえ、広告掲載を全面的に禁じていた。

プロダクト管理ディレクターのロブ・レザーン氏は「われわれは寄せられる意見に耳を傾け、現行方針がどの程度うまく機能するかを見極めるとともに、必要ならこの技術の研究を続けてそのうち方針を再修正することもあり得る」と語った。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。