フェイスブック、仮想通貨売り込み広告解禁

オプションとICO広告は認めず

6月26日、米フェイスブックは、仮想通貨の売り込み広告やその関連コンテンツの掲載を認めることを決めたと発表した。3日撮影(2018年 ロイター/Regis Duvignau)

[26日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>(FB)は26日、仮想通貨の売り込み広告やその関連コンテンツの掲載を認めることを決めたと発表した。仮想通貨のバイナリーオプションやイニシャル・コイン・オファリング(ICO)の広告は引き続き禁止する。

FBは1月、仮想通貨の販売宣伝がしばしば誤解を与えたり、詐欺的な手口で行われる事態を踏まえ、広告掲載を全面的に禁じていた。

プロダクト管理ディレクターのロブ・レザーン氏は「われわれは寄せられる意見に耳を傾け、現行方針がどの程度うまく機能するかを見極めるとともに、必要ならこの技術の研究を続けてそのうち方針を再修正することもあり得る」と語った。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。