日経平均株価は反落、大阪地震で警戒感

下げ幅一時200円超、大引けにかけ膠着感 

 6月18日、東京株式市場で日経平均は反落した。米中間の貿易戦争への懸念に加え、近畿地方で寄り付き前に発生した最大震度6弱の地震が投資家心理を悪化させた。写真は都内で2016年6月撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[東京 18日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は反落した。米中間の貿易戦争への懸念に加え、近畿地方で寄り付き前に発生した最大震度6弱の地震が投資家心理を悪化させた。景気敏感株にとどまらず、内需セクターにも売り圧力が加わり、日経平均の下げ幅は一時200円を超えた。建設を除く32業種が値下がりした。

TOPIXは0.98%安で取引を終了。海運など景気敏感セクターや石油・石炭、非鉄金属など資源関連セクターの下げが目立った。ファナック<6954.T>や東京エレクトロン<8035.T>、コマツ<6301.T>など設備投資、建機、半導体関連の一角が売られ、日経平均を押し下げた。建設セクターは小幅高。地震による復興需要の思惑から物色されたとみられている。

東証1部の売買代金は前週末比27%減の2兆2568億円。大引けにかけては手控えムードが優勢となり、膠着感が強まった。

市場では「通商問題もあるが、今日の下げに関して言えば地震の部分が大きい。工場の稼動を停止した企業もあり、どの程度の影響が出るかまだ分からない。いったんは売っておこうという流れにつながった」(いちよし証券投資情報部課長・及川敬司氏)との声が出ていた。

地震発生を受け関西銘柄の一角に売りが出た。関西電力<9503.T>、大阪ガス<9532.T>、阪急阪神HD<9042.T>、京阪HD<9045.T>などインフラ・鉄道関連が弱含み。パナソニック<6752.T>やシャープ<6753.T>、江崎グリコ<2206.T>、池田泉州HD<8714.T>、関西みらいFG<7321.T>、岩井コスモHD<8707.T>も軟調だった。

半面、ジェイリース<7187.T>が急反発。医療費保証サービスを開始するとの発表を受け、業績拡大を期待した買いが入った。前週に一部証券会社により、コンデンサーの値上げ交渉の開始が指摘された村田製作所<6981.T>は連日で年初来高値を更新した。

東証1部の騰落数は、値上がり507銘柄に対し、値下がりが1518銘柄、変わらずが64銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値 22680.33 -171.42

寄り付き22806.57

安値/高値 22601.13─22806.89

 

TOPIX<.TOPX>

終値 1771.43 -17.61

寄り付き1784.37

安値/高値 1764.99─1784.37

 

東証出来高(万株) 135288

東証売買代金(億円) 22568.21

人気記事
トピックボードAD
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 家族会議のすすめ
  • 女性の美学
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大停電の北海道電力<br>情報開示を豪州に学べ

大地震をきっかけに、北海道全域で大規模停電が発生した。電力復旧は急ピッチだが、情報開示への消極姿勢は疑心暗鬼を招いた。2年前に大停電が起きた豪州の事例に学ぶ点が多い。