カンヌ、是枝監督の「万引き家族」が最高賞に

「技術陣も俳優陣も素晴らしい仕事をした」

 5月19日、フランスで開催されていた第71回カンヌ国際映画祭の授賞式が開かれ、日本の是枝裕和監督(写真)の「万引き家族」がコンペティション部門の最高賞「パルムドール」に輝いた(2018年 ロイター/Stephane Mahe)

[カンヌ(フランス) 19日 ロイター] - フランスで開催されていた第71回カンヌ国際映画祭の授賞式が19日開かれ、日本の是枝裕和監督の「万引き家族」がコンペティション部門の最高賞「パルムドール」に輝いた。

是枝監督は受賞後ロイターに、「自分が受賞するとは思っていなかったので信じられない」と述べたが、「技術陣も俳優陣も素晴らしい仕事をした。映画が完成した時点ですでに何か特別なことが起きたと感じていた。この映画が受賞したことはとても嬉しい」と語った。

審査員長を務めたオーストラリア出身の女優ケイト・ブランシェットは、受賞作の選択は難しい決断だったが、監督のビジョンと演技がかみ合った素晴らしさに全員が打ちのめされた、と感想を述べた。

「万引き家族」は、東京の下町で生計を立てるため家族ぐるみで軽犯罪を重ねる家族の物語で、きずなのあり方を問いかける作品。日本公開は6月8日。

安藤サクラさん、リリー・フランキーさん、樹木希林さん、松岡茉優さんらが出演した。

次点となるグランプリには、米国のスパイク・リー監督の「BlacKkKlansman(原題)」が選ばれた。1970年代を舞台に、白人至上主義の秘密結社クー・クラックス・クラン(KKK)に潜入した黒人刑事を描いた、実話に基づく作品。

審査員賞にはレバノンの女性監督、ナディーン・ラバキー氏が「Capharnaum」で選ばれた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT