カンヌ、是枝監督の「万引き家族」が最高賞に

「技術陣も俳優陣も素晴らしい仕事をした」

 5月19日、フランスで開催されていた第71回カンヌ国際映画祭の授賞式が開かれ、日本の是枝裕和監督(写真)の「万引き家族」がコンペティション部門の最高賞「パルムドール」に輝いた(2018年 ロイター/Stephane Mahe)

[カンヌ(フランス) 19日 ロイター] - フランスで開催されていた第71回カンヌ国際映画祭の授賞式が19日開かれ、日本の是枝裕和監督の「万引き家族」がコンペティション部門の最高賞「パルムドール」に輝いた。

是枝監督は受賞後ロイターに、「自分が受賞するとは思っていなかったので信じられない」と述べたが、「技術陣も俳優陣も素晴らしい仕事をした。映画が完成した時点ですでに何か特別なことが起きたと感じていた。この映画が受賞したことはとても嬉しい」と語った。

審査員長を務めたオーストラリア出身の女優ケイト・ブランシェットは、受賞作の選択は難しい決断だったが、監督のビジョンと演技がかみ合った素晴らしさに全員が打ちのめされた、と感想を述べた。

「万引き家族」は、東京の下町で生計を立てるため家族ぐるみで軽犯罪を重ねる家族の物語で、きずなのあり方を問いかける作品。日本公開は6月8日。

安藤サクラさん、リリー・フランキーさん、樹木希林さん、松岡茉優さんらが出演した。

次点となるグランプリには、米国のスパイク・リー監督の「BlacKkKlansman(原題)」が選ばれた。1970年代を舞台に、白人至上主義の秘密結社クー・クラックス・クラン(KKK)に潜入した黒人刑事を描いた、実話に基づく作品。

審査員賞にはレバノンの女性監督、ナディーン・ラバキー氏が「Capharnaum」で選ばれた。

関連記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。