日本代表、ガーナ戦へ本田・香川ら27選手選出

6月4日に向けて23人に絞り込まれることに

 5月18日、日本サッカー協会は、2018年W杯ロシア大会へ向けた国際親善試合、ガーナ戦に臨むメンバー27人を発表。写真は西野朗監督。東京で4月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 18日 ロイター] - 日本サッカー協会は18日、2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会へ向けた国際親善試合、ガーナ戦に臨むメンバーを発表し、メキシコ1部パチューカ所属の本田圭佑、ドイツ1部ブンデスリーガ、ドルトムントの香川真司ら27人が選出された。

バヒド・ハリルホジッチ氏の解任に伴ない、先月新たに就任した西野朗監督。30日のガーナ戦が初采配となる。

同監督は記者会見で、「6月19日にW杯の大舞台で最高のコンディションになるであろう選手を予測し、そういう選手を招集した。どういうチームができるのかという想像を働かせながら、チーム、選手を見ていかないといけない」と述べた。

本田、香川、長友佑都(ガラタサライ、トルコ)らベテラン、長く主将を務める長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト、ドイツ)など、メンバーの3分の2近い17人が海外組となった。2014年W杯ブラジル大会のメンバーは12人含まれている。

W杯メンバーは本大会への登録期限となる6月4日に向けて23人に絞り込まれることになる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • iPhoneの裏技
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
実家の片づけ<br>激変する相続<br>死後の手続き

モノであふれる実家の整理や親の死後対応は子世代が抱える悩みだ。7月には約40年ぶりに大改正された相続法が本格施行され、知らないと損することも出てくる。10連休こそ「親の3大問題」解決のチャンス! 完全保存版の最新手引。