アマゾン向け配送料、郵政公社に倍増を要請

トランプ大統領が郵便局長に直接指示か

 5月18日、トランプ米大統領が、アマゾン・ドット・コムなどの企業が利用する配送料金を倍に引き上げるよう米郵政公社の郵便局長に直接掛け合っていたと、ワシントン・ポストが報じた。カナダ・ニューウェストミンスターで4月撮影(2018年 ロイター/BEN NELMS)

[ワシントン 18日 ロイター] - トランプ米大統領が、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>などの企業が利用する配送料金を倍に引き上げるよう米郵政公社(USPS)の郵便局長に直接掛け合っていたと、米紙ワシントン・ポストが18日、関係筋3人の話として報じた。

同紙によると、郵便局長のミーガン・ブレナン氏はトランプ大統領とのプライベートな会話で、配送料金は契約により設定され、独立委員会が審査していると説明し、料金引き上げの提案には応じなかった。さらに、アマゾンなどの企業との配達を巡る提携は、財政難のUSPSへの助けになってきたとも伝えたという。両氏の会話は昨年、および今年に入ってから行われた。

ホワイトハウスからコメントは得られていない。アマゾン、USPSはコメントを差し控えた。

トランプ大統領は、アマゾンがUSPSに安い料金で商品を配送させている上に税金を十分に支払っていないとして、同社とベゾス最高経営責任者(CEO)への批判を繰り返している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT