アマゾン向け配送料、郵政公社に倍増を要請

トランプ大統領が郵便局長に直接指示か

 5月18日、トランプ米大統領が、アマゾン・ドット・コムなどの企業が利用する配送料金を倍に引き上げるよう米郵政公社の郵便局長に直接掛け合っていたと、ワシントン・ポストが報じた。カナダ・ニューウェストミンスターで4月撮影(2018年 ロイター/BEN NELMS)

[ワシントン 18日 ロイター] - トランプ米大統領が、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>などの企業が利用する配送料金を倍に引き上げるよう米郵政公社(USPS)の郵便局長に直接掛け合っていたと、米紙ワシントン・ポストが18日、関係筋3人の話として報じた。

同紙によると、郵便局長のミーガン・ブレナン氏はトランプ大統領とのプライベートな会話で、配送料金は契約により設定され、独立委員会が審査していると説明し、料金引き上げの提案には応じなかった。さらに、アマゾンなどの企業との配達を巡る提携は、財政難のUSPSへの助けになってきたとも伝えたという。両氏の会話は昨年、および今年に入ってから行われた。

ホワイトハウスからコメントは得られていない。アマゾン、USPSはコメントを差し控えた。

トランプ大統領は、アマゾンがUSPSに安い料金で商品を配送させている上に税金を十分に支払っていないとして、同社とベゾス最高経営責任者(CEO)への批判を繰り返している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。