4月の訪日外国人数、過去最高の290.1万人

4カ月累計でも過去最速で1000万人を突破

 5月17日、日本政府観光局は4月の訪日外国人客数が前年同月比12.5%増の290万1000人で、4月としての過去最高を記録したと発表した。銀座で2016年10月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai/File Photo)

[東京 17日 ロイター] - 日本政府観光局は17日、4月の訪日外国人客数が前年同月比12.5%増の290万1000人で、4月としての過去最高を記録したと発表した。1─4月の累計は1051万9000人となり、過去最速で1000万人を突破した。

国別では、中国が最も多く同29.2%増の68万3400人、次いで韓国が同15.1%増の63万8500人、台湾は同13.7%増の47万人だった。

政府観光局によると、航空路線の新規就航や増便など航空座席供給量の増加に加え、訪日旅行プロモーションの効果などもあり、引き続き訪日需要は堅調に推移した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。