あのロナウドがホテル経営に乗り出したワケ

ポルトガルからスペイン、米国にも進出

ホテル経営に乗り出したレアル・マドリードのクリスチアーノ・ロナウド選手(写真:Jon Nazca/ロイター)

世界で最も稼ぐスポーツ選手、レアル・マドリードのクリスチアーノ・ロナウドが、「ホテル王」の道を歩み出している。ロナウドは今年中にもスペイン・マドリードと米ニューヨークに自身のイニシャルと背番号を冠したホテル「ペスタナCR7」をオープンする予定だ。

ロナウドがマドリードでホテルをオープンするニュースは2月6日付でスペインの各紙が一斉に取り上げた。『El País』は、「サッカー選手としての人生は短い。もう33歳になったことを考えると、間もなく収入も減る。行動派の彼だけに、将来も豪華なライフを確保するために自分の資産を投資することを決心した。その1つがホテル事業だ」と報じた。

すでにポルトガルで2軒のホテルを展開

実はロナウドがすでにホテル事業をやっていることは、日本ではあまり知られていないかもしれない。が、彼はすでに、ポルトガルの大手ホテルチェーン、ペスタナとのジョイントベンチャーを通じて、自身の出身地マデイラとリスボンにそれぞれ4つ星ホテル「CR7」を展開している。そして、今度そのCR7ブランドの新たなホテルをマドリードにオープンするというわけだ。部屋数は160室で、個性あふれるホテルにするとしている。

現在、マドリードでホテルが開設される予定のグラン・ビア29番地には、9階建てのビルがあり、その1階から3階までを1923年創業の由緒ある書店「Casa del libro」が占めている。建物自体は1926年に建設されたもので、床面積は1万949㎡に上る。

スペインメディアの報道によると、計画では1階を書店として残し、2階から8階までをホテルに改装。最上階はロナウドのペントハウスになる見込みだ。総工費は1400万ユーロ(18億9000万円)。工事は間もなく開始され、1年かけて改装工事を行う予定だという。

当初、ホテル建設の話題が持ち上がった際には、ビルの1階もホテルになるといううわさが流れ、多くの愛読家から「Casa del Libro」に問い合わせがあったそうだ。こうした経緯から、特に由緒ある書店がなくなるのではないかという愛読家からのこのホテルに対する関心も高い。一般の市民レベルではまだできていないので、反応は薄いようだ。ただ、マドリードで旅行代理店を経営している筆者の知人に尋ねると、「いったん出来上がれば、注目を集めるのは間違いない」という答えが返ってきた。

次ページロナウドがやっているホテルはどんな感じか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。