あのロナウドがホテル経営に乗り出したワケ

ポルトガルからスペイン、米国にも進出

こうした中、スペインなど海外進出を目指すわけだ。近年、スペインを訪れる観光客の数は伸びており、国連の世界観光機関(UNWTO)によると、2017年のスペインの観光客数は前年比約10%増の8200万人を超えた。米国を抜いてフランスに次ぐ世界2位の観光大国となった。

一方、カタルーニャ地方が独立問題に揺れ、観光客の急増などに伴って2年前から新たなホテルの建設が禁止されている中、マドリードはホテルの建設ラッシュに沸いている。今後は、フォーシーズンズやスターウッド、ハイアットなど大手ホテルチェーンもマドリードに新たなホテルをオープンさせる計画としている。

「カネ」だけが目的なわけではない

ロナウドのホテルは、こうした「激戦区」に参入することになるが、4つ星クラスのホテルは、価格と高級感の取り合いが最も厳しく評価される傾向にある。ロナウドのホテルも激しい競争にさらされそうだが、ロナウドの性格から推断して個性あるホテルになることは間違いない。すでに、2泊以上宿泊する利用者には、ロナウドの肉筆のサインの入ったサッカーボールをプレゼントすることは決定しているそうだ。

スポーツ選手が、ビジネスに乗り出すことは今や珍しいことではない。が、多くのスポーツ選手の場合、スポーツ用品などに自分の名前を入れてそれが商標ブランドとして販売されることで満足して、それ以上のチャレンジは控える傾向にある。

となると、なぜロナウドがホテル業に進出するのか気になるが、米『フォーブス』誌によると生涯年収が703億円に上るとみられているロナウドだけに、「カネ」だけが目的ではないだろう。実際、ロナウドは自分の名前とブランドCR7が彼の息子たちへと受け継がれ、それが永久に存続し続けることを望んでいるのだという。彼の長男クリスチアーノ・ジュニアはまだ7歳だが、父親のブランド製品の販促に協力して撮影スポットなどに父親と一緒に参加している。

スペインのスポーツ紙『Marca』は、「クリスチアーノ・ロナウドは、サッカー選手として成功しているのとは別に、確固たる企業組織を築きつつある」と評価している。ひょっとしたら世界的なサッカー選手としてだけではなく、やり手経営者としても後世に名を残すかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT