メルカリの「メルチャリ」、福岡市でスタート

シェア自転車サービスに参入

 2月13日、フリーマーケットアプリを手掛けるメルカリ(東京都港区)は13日、シェア自転車サービスに参入すると発表した。写真は中国で自転車シェアリングサービスを手掛けるモバイクの自転車。深センで昨年8月撮影(2018年 ロイター/Stringer)

[東京 13日 ロイター] - フリーマーケットアプリを手掛けるメルカリ(東京都港区)は13日、シェア自転車サービスに参入すると発表した。27日から福岡市でスタートする。シェア自転車サービスをめぐっては、NTTドコモ<9437.T>が先行しているほか、LINE<3938.T>も参入を表明しており、競争が激しくなりそうだ。

始めるのは「メルチャリ」。メルカリのグループ会社ソウゾウ(同)が手掛ける。地域の民間企業だけでなく、個人にも駐輪場スペースなどを提供してもらい、共同運営する。

短時間での利用も想定しており、料金は1分4円に設定した。博多・天神・ウォーターフロントのエリアを中心に、駐輪場50、自転車400台以上でスタート。夏ごろまでにエリアを拡大するとともに、2000台程度の自転車の投入を目指す。

メルカリの担当者は他社との違いについて「強みはお客様に参加していただくこと。お客様に自転車の再配置や故障の報告をしていただくことが一番の特徴」と話した。

メルカリは放置自転車の移動など活動に応じてポイントを付与する。

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT