携帯電話の電磁波で雄ラットの約6%に腫瘍

米機関が関連性報告、雌ラットにはできず

 2月2日、携帯電話が発する強度の電磁波によりラットの心臓周辺の組織に腫瘍が発生したとする予備リポートを米国立環境衛生科学研究所の米国国家毒性プログラム(NTP)がまとめ、公表した。1月撮影(2018年 ロイター/Andrew Kelly)

[2日 ロイター] - 携帯電話が発する強度の電磁波によりラットの心臓周辺の組織に腫瘍が発生したとする予備リポートを米国立環境衛生科学研究所の米国国家毒性プログラム(NTP)がまとめ、2日に公表した。

ただ腫瘍の発生が認められたのは雄で、同様に電磁波を浴びせた雌などには腫瘍ができなかったという。

NTPや米食品医薬品局(FDA)の研究者は、研究結果がヒトには当てはまらない可能性があるとした。

研究によると、携帯電話による強度の電磁波を浴びせた雄ラット約6%が心臓周辺の神経細胞に腫瘍発生が見られたという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。