iPhoneが左右するアップル株の期待と不安

今回の「4%高」は中程度

 2月1日、引け後の時間外取引で米アップル株価は乱高下。一時1%安となった後、3%高へと浮上した。スマートフォン「iPhone(アイフォーン)X(テン)」の売れ行きに対する不透明感はあるが、投資家は期待感をにじませている。写真はアップル社のロゴと株価グラフ。2016年2月撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic)

[サンフランシスコ 1日 ロイター] - 1日引け後の時間外取引で米アップル<AAPL.O>株価は乱高下。一時1%安となった後、3%高へと浮上した。スマートフォン「iPhone(アイフォーン)X(テン)」の売れ行きに対する不透明感はあるが、投資家は期待感をにじませている。

アップルの主力製品は株価のリターン、ひいては投資家にとって最重要事項だ。アイフォーンを初めて発表した2007年以降、アップル株価は1200%を超す上昇となっており、S&P500の上昇率(101%)をはるかに上回っている。

昨年9月、アップルはアイフォーンXを発表した。その後、5カ月間でアップル株価は約4%上昇。アップルはこれまで10回のアイフォーン発表を行ってきたが、これまでのアイフォーン発表後の5カ月間の株価パフォーマンスをみると、今回の4%高は中程度に当たる。

発表後5カ月間パフォーマンスのうち、最も良かったのは2007年1月の最初のアイフォーン発表後で約46%上昇した。一方、最も悪かったのは2008年6月のアイフォーン3G発表後で下落率は47%超となっている。

アイフォーン発表後1年間の株価パフォーマンスでは、中央値が33.8%上昇、平均値が32.5%上昇。そのうち、最も良かったのはやはり2007年1月時で約100%上昇。最も悪かったのは2012年のアイフォーン5発表後で29.2%安となった。

2015年6月後の1年間では時価総額が25%減となった。理由は売上高が2桁増から伸び悩み、2桁減となったためだ。

しかし足元の株価は当時から70%以上回復し、最高値圏となっている。アイフォーンXに対する楽観的な見方と消費者が古いアイフォーンを買い替える「スーパーサイクル」への期待感が株価を押し上げている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT