ほぼ無人スーパー「アマゾン・ゴー」の全貌

レジ係もいなければ、買い物かごもない

シアトルにオープンしたアマゾン・ゴーの店内。レジ係がいない以外は、普通のスーパーと変わらない(写真:Kyle Johnson/The New York Times)

アマゾンがオープンした未来的な店舗で、まず「普通とは違う」と感じるのはその入り口だ。まるで、地下鉄に乗るような感じがするのだ。「アマゾン・ゴー(Amazon Go)」と呼ばれるこの店舗では、入り口にいつくもの自動改札機のようなゲートが並び、同店のスマートフォン・アプリを持っている人だけが入店できる。

地下鉄を彷彿とさせるような入り口(写真:Kyle Johnson/The New York Times)

店の広さは170平方メートルほどで、棚には商品がぎっしり詰まっている。販売されているのは、ほかのコンビニでも売っているような、炭酸飲料やポテトチップ、ケチャップなどの食品だ。アマゾンが所有しているスーパーマーケット・チェーン、ホールフーズで販売されている商品もある。

棚から取って自分のバッグに入れるだけ

しかし、この店舗での買い物の仕方は、ほかの店舗とはまったく違う。それを実現している技術は隠されているが、アマゾン・ゴーにはレジが存在しないのだ。買い物客は入り口のゲートを再度通って外に出るが、そのときにクレジットカードを取り出す必要もなく、外に持ち出した商品の代金が、買い物客のアマゾンのアカウントに自動的に請求される。

アマゾン・ゴーは1月22日にシアトルに正式オープンした。それに先駆けて、この事業の責任者であるジャンナ・プリーニは、店舗を案内するツアーを行った。

アマゾン・ゴーにはショッピングカートや買い物かごが置かれていない。会計が自動で行われるので、カートなどは必要ないのだ。買い物客は商品を直接自分の買い物袋に入れ、そのまま店を出る。

次ページこれを可能にしている技術の一端とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。