ビットコイン、5600ドル台まで下落の可能性

シティのアナリストが顧客リポートで

 1月17日、米シティのアナリストはビットコインについて、現在の価格から50%下げる可能性があるとの見方を示した。サラエボで昨年12月撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic/Illustration)

[ニューヨーク 17日 ロイター] - 米シティのアナリストはビットコインについて、現在の価格から50%下げる可能性があるとの見方を示した。ビットコインなどの仮想通貨を巡っては、今週に入って規制強化の懸念が相場下落に拍車をかけている。

ビットコインは17日に1万ドルを割り込んだが、シティのアナリストは顧客リポートで、テクニカル要因から5605─5673ドルのレンジまで落ち込む可能性を指摘。また、下落が「急速に起きる公算が非常に大きいとみられる」とした。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT