柏崎刈羽の再稼働申請を新潟県が“了解" 泉田知事、条件付きながらついに承認

印刷
A
A
25日、泉田知事との会談後に報道陣に取り囲まれた広瀬・東電社長

知事の“了解”は得ても、再稼働にはなお要時間

ただ、27日に東電が申請を行ったとしても、規制委の安全審査には半年近くかかるとみられ、その後に改めて地元の了解を得る手続きも必要になる。ベント設備の完成も未定であり、今期中の再稼働は難しい情勢だ。

東電にとって泉田知事の“了解”は、待ちに待った大きな前進といえるが、原発再稼働によって本格的に経営が安定化するまでには、まだ時間を要することになりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT