柏崎刈羽の再稼働申請を新潟県が“了解" 泉田知事、条件付きながらついに承認

拡大
縮小
25日、泉田知事との会談後に報道陣に取り囲まれた広瀬・東電社長

知事の“了解”は得ても、再稼働にはなお要時間

ただ、27日に東電が申請を行ったとしても、規制委の安全審査には半年近くかかるとみられ、その後に改めて地元の了解を得る手続きも必要になる。ベント設備の完成も未定であり、今期中の再稼働は難しい情勢だ。

東電にとって泉田知事の“了解”は、待ちに待った大きな前進といえるが、原発再稼働によって本格的に経営が安定化するまでには、まだ時間を要することになりそうだ。

中村 稔 東洋経済 編集委員
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT