ダビンチの絵、史上最高額の508億円で落札 

過去最高だったピカソ作品の2倍以上の価格

 11月15日、米ニューヨークで行われたオークションで、キリストが描かれたレオナルド・ダビンチの作品「サルバトール・ムンディ」(救世主)が、美術品として史上最高額となる4億5030万ドル(約508億円)で落札された。先月10日撮影の提供写真(2017年 ロイター/Courtesy Christie’s New York)

[ニューヨーク 15日 ロイター] - 米ニューヨークで15日行われたオークションで、キリストが描かれたレオナルド・ダビンチの作品「サルバトール・ムンディ」(救世主)が、美術品として史上最高額となる4億5030万ドル(約508億円)で落札された。

これまで最高だったピカソ作品の2倍以上の価格となった。

同作品は最近になって発見され、個人所有としては最後となるもので、オークションを主催した競売会社クリスティーズが予想した1億ドルを4倍以上上回った。

また、2015年5月に1億7940万ドルで落札され、美術作品の価格でこれまでの最高だったピカソの「アルジェの女たち」の2倍以上の価格となった。

20分近くにおよぶ入札合戦の末、電話で入札した匿名の買い手によって購入された。

1500年ごろの製作とみられ、モナリザの男性版と呼ばれることもある。長い間消失または破損されたと考えられていた幻の作品という。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。