ダビンチの絵、史上最高額の508億円で落札 

過去最高だったピカソ作品の2倍以上の価格

 11月15日、米ニューヨークで行われたオークションで、キリストが描かれたレオナルド・ダビンチの作品「サルバトール・ムンディ」(救世主)が、美術品として史上最高額となる4億5030万ドル(約508億円)で落札された。先月10日撮影の提供写真(2017年 ロイター/Courtesy Christie’s New York)

[ニューヨーク 15日 ロイター] - 米ニューヨークで15日行われたオークションで、キリストが描かれたレオナルド・ダビンチの作品「サルバトール・ムンディ」(救世主)が、美術品として史上最高額となる4億5030万ドル(約508億円)で落札された。

これまで最高だったピカソ作品の2倍以上の価格となった。

同作品は最近になって発見され、個人所有としては最後となるもので、オークションを主催した競売会社クリスティーズが予想した1億ドルを4倍以上上回った。

また、2015年5月に1億7940万ドルで落札され、美術作品の価格でこれまでの最高だったピカソの「アルジェの女たち」の2倍以上の価格となった。

20分近くにおよぶ入札合戦の末、電話で入札した匿名の買い手によって購入された。

1500年ごろの製作とみられ、モナリザの男性版と呼ばれることもある。長い間消失または破損されたと考えられていた幻の作品という。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。