ダイワボウがTOBで村上ファンドOB一掃

ダイワボウがTOBで村上ファンドOB一掃

紡績中堅のダイワボウは、持ち分法会社のダイワボウ情報システム(DIS)に株式公開買い付け(TOB)を実施する。発行株式の43%を買い占めているエフィッシモ・キャピタル・マネージメントから10月下旬までに全株を買い取り、最終的には完全子会社化も視野にする。

TOBについてダイワボウは「中期経営計画の策定を控え、事業ポートフォリオの拡充を考えた結果」と説明する。エフィッシモは旧村上ファンド関係者がシンガポールに設立したファンド。「株主総会ではいつも賛成票を投じてくれていた。ファンドの一つという認識以上のものはない」と、TOBとは無関係なことをダイワボウは強調する。

パソコン販売が主力のDISの売上高(昨年度3823億円)はダイワボウの約6倍。TOB後、グループ経営は大きく変わらざるをえない。最大368億円に上る取得代金は借入金で賄う。一見したところ、両社のシナジーが早期に発現するか疑問符も付く。大金を投じる意味を株主にどれだけ説明できるか……。 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT