ダイワボウがTOBで村上ファンドOB一掃

ダイワボウがTOBで村上ファンドOB一掃

紡績中堅のダイワボウは、持ち分法会社のダイワボウ情報システム(DIS)に株式公開買い付け(TOB)を実施する。発行株式の43%を買い占めているエフィッシモ・キャピタル・マネージメントから10月下旬までに全株を買い取り、最終的には完全子会社化も視野にする。

TOBについてダイワボウは「中期経営計画の策定を控え、事業ポートフォリオの拡充を考えた結果」と説明する。エフィッシモは旧村上ファンド関係者がシンガポールに設立したファンド。「株主総会ではいつも賛成票を投じてくれていた。ファンドの一つという認識以上のものはない」と、TOBとは無関係なことをダイワボウは強調する。

パソコン販売が主力のDISの売上高(昨年度3823億円)はダイワボウの約6倍。TOB後、グループ経営は大きく変わらざるをえない。最大368億円に上る取得代金は借入金で賄う。一見したところ、両社のシナジーが早期に発現するか疑問符も付く。大金を投じる意味を株主にどれだけ説明できるか……。 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。