モー娘は能力、AKBは努力、ももクロは全力

グローバルエリート×スーパーIT灘高生対談2

──「努力」というキーワードが出ましたが、Tehu君は非常に努力家なんですよ。

ムーギー: おっ、何、努力してんの?

Tehu: ボクは自分に才能がないとわかっているので。

ムーギー: あっ、これあれよね。ネット使って支持を得ようっちゅう。オレみたいに「いやー、グローバルエリートですから。アッハッハッハ!」って言うたら、もう炎上するしかないでしょ。どうやって支持せえちゅうの。それを君は“努力家”で攻めてくるからね。

Tehu: いや、「ボクは才能ないけど、努力に関しては誰にも負けていないから、たぶんボクはうまくいきますよ」って言っているんです。

ムーギー: それ、日本人好みのストーリーやね。ほら、「スチュワーデス物語」で堀ちえみが「ドジでのろまなカメ」って言うとった。

Tehu: 全然知らないです。

ムーギ: 日本で人気者になろうと思ったら、結局「舞の海ストーリー」というか、「才能ないけれども、努力でカバーしてがんばりました」みたいなのがウケる。君、うまいこと言ってさらに稼ごうとしてるんちゃうか?

Tehu: でも、ボク自身は努力家だと思っているんですけど、メディアのみなさんがそう取り扱わないのが不満で。

「天才」という言葉、お断り

ムーギー: ああ、自分は才能ないと思っているけど、みんなが「天才」って呼ぶだけですよと。

Tehu: 実際、昔は「天才」という呼称を使われまくったんですが、今は基本的にお断りしているんです。「天才」という言葉を。

ムーギー: 「天才」という言葉、お断り。私、「天才」と勝手に呼ばれるの、お断りしますと。いい感じに反感買いそうなこと言ってるよ、これ。君の炎上ワードを引き出すのが今日のオレのミッションやから。1炎上につき1000「いいね!」くらいの計算でよろしいでしょうか? 編集長。

Tehu: ボクは基本的には炎上したくない人間なんです。でも、ボクの記事はだいたい炎上する。「東洋経済オンライン」の「新世代リーダー50人」の記事「東大じゃなくて慶応に行きたい」って言ったら、やっぱり2ちゃんねるで炎上しました。

ムーギー: たしかに君、ちょっと突っ込みたくなるキャラやね。

Tehu: たまに2ちゃんねるまで行って「こんにちは、Tehuです」って直接怒ったり、自分のツイッターに「人を批判している暇があったら自分のこと考えろや」って書いたりしてるんですけど。

ムーギー: ボクの炎上歴も長いよ。最近、「こんにちは」って言っても炎上するようになってきたからね。

──炎上対策をどうするかは興味深いですね。

次ページ2ちゃんねらーとツイッタラー、目クソ鼻クソの闘い
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT